タグ「朝日杯フューチュリティS」の一覧

2019年12月15日(日) / 阪神 1600m 芝・右 外 / 晴・良
サラ系2歳 / 牡・牝(国際)(指定) / オープン / 馬齢
レース結果
着 枠 馬番 印 馬名               性齢 斤 騎手    着差   人気
1[3] 6  ◎ サリオス           牡2 55 ムーア  1:33.0  1
2[4] 8     タイセイビジョン   牡2 55   武    2.1/2   2
3[5] 9     グランレイ         牡2 55 池  添  1.1/4   14
4[7] 14     タガノビューティー 牡2 55 和  田  クビ    9
5[7] 13     プリンスリターン   牡2 55 原  田  1.1/4   15
6[1] 1     ジュンライトボルト 牡2 55 岩田康  クビ    10
7[1] 2  ☆ ビアンフェ         牡2 55 藤岡佑  アタマ  5
8[8] 16  ○ ラウダシオン       牡2 55 ルメー  1/2     6
9[4] 7  △ ウイングレイテスト 牡2 55 松  岡  2      8
10[6] 12  ▲ レッドベルジュール 牡2 55 スミヨ  ハナ    3
11[2] 4  ☆ トリプルエース     牡2 55 ビュイ  クビ    7
12[6] 11     カリニート         牡2 55   幸    3      16
13[3] 5  ☆ マイネルグリット   牡2 55 国分優  5      13
14[5] 10     エグレムニ         牡2 55 福  永  クビ    12
15[8] 15     メイショウチタン   牡2 55 松  山  4      11
16[2] 3     ペールエール       牡2 55 マーフ  3      4
  
払戻金 単勝 6 200円
    複勝 6 120円 / 8 190円 / 9 2360円
    枠連 3-4 530円
    馬連 6-8 660円 / 馬単 6-8 950円
    3連複 6-8-9 38080円 / 3連単 6-8-9 90260円
    ワイド 6-8 310円 / 6-9 6240円 / 8-9 13830円
  

感想と言い訳?!

 実はこのレースはオンタイムで観戦できず、サリオスが勝ったという結果だけ聞いてました。ならば、多分当たってるかなぁ…と後でみたらびっくり(笑)前につけたサリオスは貫禄の勝利ではあったものの、2番人気を嫌った初距離のタイセイビジョンはしっかり2着だし、3着にはなんとグランレイ。それ以降もびっくりの着順で、やっぱり2歳戦は難しいことを痛感しました。

2019/12/15 2歳オープン 馬齢 指定 国際
施行コース
  • 11R
    阪神 A
  • 芝1600m
    外・右回り

  • 見込み
スタートもゴール前も十分な長さの直線で、外枠からの差しがセオリー。ただ、ゆったりと仕掛けられるが故に短距離戦ながらスローになりやすく、一概に先行馬が不利とも言えない。基本的は有利不利が少ない地力勝負。
馬柱
馬名 性齢 斤量 騎手
1 01   ジュンライトボルト 牡2 55.0 岩田康
1 02 ビアンフェ 牡2 55.0 藤岡佑
2 03 ペールエール 牡2 55.0 マーフィー
2 04 トリプルエース 牡2 55.0 ビュイック
3 05 マイネルグリット 牡2 55.0 国分優
3 06 サリオス 牡2 55.0 ムーア
4 07 ウイングレイテスト 牡2 55.0 松岡
4 08   タイセイビジョン 牡2 55.0 武豊
5 09   グランレイ 牡2 55.0 池添
5 10   エグレムニ 牡2 55.0 福永
6 11   カリニート 牡2 55.0
6 12 レッドベルジュール 牡2 55.0 スミヨン
7 13   プリンスリターン 牡2 55.0 原田和
7 14   タガノビューティー 牡2 55.0 和田
8 15   メイショウチタン 牡2 55.0 松山
8 16 ラウダシオン 牡2 55.0 ルメール
*◎:本命 ○:対抗 ▲:単穴 △:穴 ☆:注意
は騎手乗り替わり
予想ペース
S
スロー
逃げる02はペースは落としたい。単騎でもありそうなので、スローペースか。
信頼度
C
相手探し
本命馬の地力は強力。大きな崩れはなさそう。ただ、相手には混戦模様で絞り込みは難しい。
予想本文 

~ 1600mと2000m ~
2歳牡馬のレースはマイルの朝日杯FSと2000mのホープフルSに分かれてしまった。東西別という意味ではあるのだろうが、距離的な差はあまりないので、少し無意味な分散化のようにも思える。いっそこのレースはスプリント戦にしたらどうだろうか。

 圧倒的人気でもサリオスには逆らわないでおく。時計的にはかなり優秀でこのメンバーでは群を抜くレベル。前走で負かしたクラヴァシュドールの先週の好走でも、信頼度は増す。もちろん初の長距離輸送に右回りと、油断できない不安要素はあるが、普通に走れば、まず大丈夫だろう。

 外枠でもラウダシオンは、距離が伸びることで良さが出てきそう。自在世のあるセンスを感じるレースぶりで、調子もかなり良さそう。加えて名手を屋根に迎え、ここは勝負が打てる状態に仕上がっている。

 本来なら、レッドベルジュールを対抗格に据えたかったが、いかんせん本命馬が人気なだけに、ちょっとここは一歩譲ってもらった。言わずもがなの阪神マイルのディープ産駒。33秒台の末脚はここでは必須の武器。できれば前で競馬をしてほしいところ。

 割と条件の異なるレースをすべて好走しているウイングレイテスト。この舞台でも卒なくこなしそうで、当然複勝圏内には怖い存在。休養明けひと叩きで、さらなる上積みも見込める。

 マイル重賞で2着、3着と着実な成績を残しているペールエールも引き続き。どの位置からでも競馬ができそうで、マイル戦での信頼感は高い。阪神の坂を克服できれば大崩れはなさそう。

 先週、同条件でレシステンシアがレコード逃げ切りをされては、やはり気になる逃げ馬ビアンフェ。確かに距離不安はあるが、大幅な馬体増の2走目に注目したい。

 前走大敗のマイネルグリッドはここで、ぐっと人気を落としているだけに旨味が十分。前走は入れ込みでまともに競馬をしていないだけに、まだ見限るのは早計。

 実績的には物足りないが、トリプルエースも押さえておきたい。阪神コースも、マイル戦も経験があり、それなりの上がり時計もある。

馬券と総評
推奨馬券 総評
3連単
軸2頭マルチ:

06=16
→12,07,03,02,05,04
(36点)

06=12
→16,07,03,02,05,04
(36点)
評判通りサリオスの力は抜けていると見る。キャリア少ない2歳戦だけに不確定要素も多いがここは負けられないレースとなる。ここはどうやら相手探しのレースとなりそうだが、それがちょっと難しい。混戦模様ではあるが、相手にはラウダシオンを抜擢。レッドベルジュールは保険として、両馬からの3連単、2頭軸マルチながし。
2018年12月16日(日) / 阪神 1600m 芝・右 外 / 小雨・良
サラ系2歳 / 牡・牝(国際)(指定) / オープン / 馬齢
レース結果
着 枠 馬番 印 馬名               性齢 斤 騎手    着差   人気
1[4] 6  ▲ アドマイヤマーズ  牡2 55 デムー  1:33.9  2
2[1] 1  △ クリノガウディー  牡2 55 藤岡佑  2      9
3[2] 2  ◎ グランアレグリア  牝2 54 ルメー  1/2     1
4[8] 14  △ ファンタジスト   牡2 55  武   1.1/2   3
5[5] 8     ディープダイバー  牡2 55 川 田  1.1/4   11
6[8] 15  ☆ エメラルファイト  牡2 55 ビュイ  2.1/2   7
7[2] 3  ☆ アスターペガサス  牡2 55 福 永  1.1/2   8
8[6] 10     ヒラソール     牡2 55 岩 田  1/2     14
9[5] 9     イッツクール    牡2 55 松 田  1/2     12
10[3] 5  ☆ マイネルサーパス  牡2 55 丹 内  3/4     5
11[7] 12     コパノマーティン  牡2 55 坂 井  1.1/4   15
12[3] 4     ドゴール      牡2 55 津 村  クビ    6
13[6] 11  ○ ケイデンスコール  牡2 55 Cデム  ハナ    4
14[4] 7     ソルトイブキ    牡2 55 四 位  2.1/2   13
15[7] 13     ニホンピロヘンソン 牡2 55 浜 中  1.1/4   10
  
払戻金 単勝 6 460円
    複勝 6 130円 / 1 490円 / 2 110円
    枠連 1-4 10060円
    馬連 1-6 9710円 / 馬単 6-1 14240円
    3連複 1-2-6 3340円 / 3連単 6-1-2 45180円
    ワイド 1-6 1560円 / 2-6 180円 / 1-2 1080円
  

感想と言い訳?!

 注目を集めた牝馬グランアレグリアは3着に敗れました。スタートが良すぎたか思わず前に行く形。さらに少しかかり気味でした。アドマイヤマーズはこれをマークする最高の形。最後は直線で競り落としました。ただ、グランアレグリアも完全に潰れる形から差し返しをみせるところは強さを感じる内容でした。穴狙いで注目していたクリノガウディーがうまく2着に入ってくれて、1、2番人気が絡んだ割には配当はついた方でしたね。

2018/12/16 2歳オープン 馬齢 指定 国際
施行コース
  • 11R
    阪神 A
  • 芝1600m
    外・右回り

  • 見込み
スタートもゴール前も十分な長さの直線で、外枠からの差しがセオリー。ただ、ゆったりと仕掛けられるが故に短距離戦ながらスローになりやすく、一概に先行馬が不利とも言えない。基本的は有利不利が少ない地力勝負。
馬柱
馬名 性齢 斤量 騎手
1 01 クリノガウディー 牡2 55.0 藤岡佑
2 02 グランアレグリア 牝2 54.0 ルメール
2 03 アスターペガサス 牡2 55.0 福永
3 04   ドゴール 牡2 55.0 津村
3 05 マイネルサーパス 牡2 55.0 丹内
4 06 アドマイヤマーズ 牡2 55.0 Mデムーロ
4 07   ソルトイブキ 牡2 55.0 四位
5 08   ディープダイバー 牡2 55.0 川田
5 09   イッツクール 牡2 55.0 松田
6 10   ヒラソール 牡2 55.0 岩田
6 11 ケイデンスコール 牡2 55.0 Cデムーロ
7 12   コパノマーティン 牡2 55.0 坂井
7 13   ニホンピロヘンソン 牡2 55.0 浜中
8 14 ファンタジスト 牡2 55.0 武豊
8 15 エメラルファイト 牡2 55.0 ビュイック
*◎:本命 ○:対抗 ▲:単穴 △:穴 ☆:注意
は騎手乗り替わり
予想ペース
M
ミドル
差し馬有力のコース設定だけに、ペースが緩む可能性があるが、2歳馬ゆえにそうコントロール利かないだろう。
信頼度
C
軸馬信頼
不安定さはあるが、本命馬の能力は信頼できそう。3連単の場合、問題となるのは2番軸探し
予想本文 

~ ルメールの都合 ~
 牝馬が強い!と言われるようになってから久しいが、今年はアーモンドアイの出現など、さらにその傾向が顕著。今週も牝馬グランアレグリアが大本命として出走する。しかし、さすがに阪神JFという同条件のレースが連続する中で、こちらへの出走には理由がある。その理由は鞍上、香港で不在だったルメール騎手の都合だろう。そこまでこの鞍上への信頼が高く、裏を返せば、その他の騎手では不安だということ。やはりこのままではいけないと考えさせられる一戦。

 先週、完勝で2歳女王に輝いたダノンファンタジーを新馬戦でまったく寄せ付けなかったグランアレグリア。後続にも大差をつける内容だっただけに、その内容が十分の説得力を持つ。加えて次走のサウジアラビアRCでは、出遅れや折り合い難を見せながら圧勝。未完の部分が逆にこの馬のスケールの大きさを感じさせた。牡馬との対戦など、重箱の隅にすぎないレベルだが、それよりもやはり輸送や折り合いなど、自身の内にある問題だろう。

 休養明けでもケイデンスコールの末脚は、阪神外回りのマイル戦ではやはり魅力的。新潟でのレースが中心だが、その上がりタイムは強烈。マイルでの切れ味は申し分なく、現状のデキも悪くなさそう。間隔が空いてる点のみが気になるところだが、そこは当日気配でチェックしておきたい。

 実績もさることながら、こと完成度と安定感なら、アドマイヤマーズはこのメンバーでは最上位の存在。取り立てて目立つ欠点もなく、ほとんど死角のない優等生タイプ。ただ、逆に言えば強烈なインパクトがなく、3戦全勝馬としては少し物足らない感も否めない。また、先行脚質であることと、かなり高い人気も考えると、一歩控えめの評価とした。

 ファンタジストはこの距離は初距離となるが、折り合いがつくタイプであり、距離延長は何ら問題はないだろう。ある程度前の位置につけることが予想されるが、控えた競馬をするようなら面白くなる。坂路で圧巻の調教過程を披露しており、非常に怖い存在。

 前走で一頓挫あったクリノガウディーをここで少し狙ってみたい。前走の敗戦が不可解となるほど、スケールの大きさを感じさせる迫力ある追い切り内容。未知の魅力にあふれており、内枠を上手く活かせれば、波乱演出も。

 切れ味ならマイネルサーパスも。前走、着差は僅かながらもその内容はなかなかのハイレベル。このメンバーでも通用の可能性は十分。

 大外枠でも、1勝馬でも、エメラルファイトを穴で一考したい。ここまでの足跡のレベルはなかなかのもので、そう軽視できるものではない。距離短縮がプラスになる可能性もあり、穴で一考。

 もう一頭、短距離での実績のみだがアスターペガサスの変わり身にも警戒。一叩きで、折り合いが多少なりとも改善されるなら距離はこなすかも。

馬券と総評
推奨馬券 総評
3連単
軸2頭マルチ:

02=11
→06,14,01,05,15,03
(36点)

02=06
→11,14,01,05,15,03
(36点)
単に能力的にはグランアレグリアが抜けている印象。牝馬での朝日杯制覇はありえるかもしれない。ただ、精神的には不安要素があることは否めない。それでも複勝圏内の軸としては、やはりこの馬。問題は2番軸。差し馬を中心に考え、ケイデンスコールを相手とする。安定感あるアドマイヤマーズも押さえとして、2頭軸3連単マルチながし。ヒモについても各馬それほど差はなく、視野は広げておきたいところだ。
2017年12月17日(日) / 阪神 1600m 芝・右 外 / 晴・良
サラ系2歳 / 牡・牝(国際)(指定) / オープン / 馬齢
レース結果
着 枠 馬番 印 馬名               性齢 斤 騎手    着差   人気
1[1] 1  ◎ ダノンプレミアム  牡2 55 川 田  1:33.3  1
2[5] 10  ▲ ステルヴィオ    牡2 55 Cデム  3.1/2   3
3[2] 3  ○ タワーオブロンドン 牡2 55 ルメー  クビ    2
4[3] 5  ☆ ケイアイノーテック 牡2 55  幸   ハナ    5
5[6] 12  △ ダノンスマッシュ  牡2 55 福 永  3/4     4
6[4] 8  ☆ ファストアプローチ 牡2 55 シュミ  クビ    9
7[6] 11     カシアス      牡2 55 浜 中  クビ    10
8[1] 2  △ フロンティア    牡2 55 岩 田  1.3/4   6
9[7] 14     ダブルシャープ   牡2 55 和 田  クビ    7
10[3] 6     アサクサゲンキ   牡2 55  武   2.1/2   8
11[8] 15     ケイティクレバー  牡2 55 小 林  ハナ    13
12[2] 4     ライトオンキュー  牡2 55 四 位  1.1/4   14
13[5] 9     ムスコローソ    牡2 55 池 添  クビ    12
14[7] 13     アイアンクロー   牡2 55 酒 井  2.1/2   16
15[4] 7  ☆ ヒシコスマー    牡2 55 松 山  1      11
16[8] 16     イシマツ      牡2 55 加 藤  7      15
  
払戻金 単勝 1 230円
    複勝 1 110円 / 10 140円 / 3 130円
    枠連 1-5 530円
    馬連 1-10 550円 / 馬単 1-10 840円
    3連複 1-3-10 700円 / 3連単 1-10-3 2630円
    ワイド 1-10 230円 / 1-3 210円 / 3-10 330円
  

感想と言い訳?!

 ただただダノンプレミアムの強さだけが目立ったレースでした。差し馬有利のコース形態にも関わらず、前目の競馬。直線では尚突き放すレースレコード勝ち。2着以下が人気通りに収まっているだけに、3馬身差の着差の意味は大きい。今年からはホープフルS組との分散もある上、このレースの勝ち馬は出世に恵まれていませんが、非常に楽しみなスター候補が誕生しました。

 馬券は完勝…といいたいけど、や、安すぎる(^^;

2017/12/17 2歳オープン 馬齢 指定 国際
施行コース
  • 11R
    阪神 A
  • 芝1600m
    外・右回り

  • 見込み
スタートもゴール前も十分な長さの直線で、外枠からの差しがセオリー。ただ、ゆったりと仕掛けられるが故に短距離戦ながらスローになりやすく、一概に先行馬が不利とも言えない。基本的は有利不利が少ない地力勝負。
馬柱
馬名 性齢 斤量 騎手
1 01 ダノンプレミアム 牡2 55.0 川田将雅
1 02 フロンティア 牡2 55.0 岩田康誠
2 03 タワーオブロンドン 牡2 55.0 ルメール
2 04   ライトオンキュー 牡2 55.0 四位洋文
3 05 ケイアイノーテック 牡2 55.0 幸英明
3 06   アサクサゲンキ 牡2 55.0 武豊
4 07 ヒシコスマー 牡2 55.0 松山弘平
4 08 ファストアプローチ 牡2 55.0 シュミノ
5 09   ムスコローソ 牡2 55.0 池添謙一
5 10 ステルヴィオ 牡2 55.0 C.デムーロ
6 11   カシアス 牡2 55.0 浜中俊
6 12 ダノンスマッシュ 牡2 55.0 福永祐一
7 13   アイアンクロー 牡2 55.0 酒井学
7 14   ダブルシャープ 牡2 55.0 和田竜二
8 15   ケイティクレバー 牡2 55.0 小林徹弥
8 16   イシマツ 牡2 55.0 加藤祥太
*◎:本命 ○:対抗 ▲:単穴 △:穴 ☆:注意
は騎手乗り替わり
予想ペース
S
スロー
各馬コース形態を踏まえ、ゆったり構える。積極的に引く馬もなく例年通り瞬発力勝負濃厚。
信頼度
C
上位互角
上位陣の力関係はまだ未知の部分もあるが、おそらくそれほどの差はない。過去の傾向的に穴馬台頭も考慮すべき。
予想本文 

~ 新設G1による影響 ~
 中山2000mでのホープフルSがG1昇格に伴い、2歳馬最強決定戦の位置づけではなくなってしまった。個人的には、どうせならもう少し短い距離か、ダート戦などにすれば良いと思うのだが…。このレースの存在意義は今後も問われていくことになるだろう。

 ともかくも本命にはダノンプレミアム。前走だけの判断ではリスクもあるが、一方で十分な裏付けも見せたレースだった。先行不利な流れの中で、すっと抜け出してのレコード勝利。中心視されていたステルヴィオがきっちり2着に来ているだけにその地力の高さも伺いしれる。先行タイプの上、揉まれた場合の不安や、唯一の無敗馬ゆえの高すぎる人気も気になる所はあるが、それでもここは信頼したい。

 こと、堅実性ならタワーオブロンドンは随一。好位から差せる鋭い末脚を持ち、オープン以上のレースで3戦完全連対。阪神コースも、遠征も経験しており、総合実績は文句のつけようがない。唯一の懸念はやはり距離。こなせるとはいえ、マイルはギリギリの感。折り合いは最重要で、当日気配は注意しておきたい。

 ステルヴィオの前走は相手の力量を見誤った感。後方から猛追してみせたが届かずの2着。枠順や位置取り次第で、逆転していた可能性もあり、悲観する内容ではない。ロードカナロアの仔ではあるが1800mをこなした下地もある。阪神外回りマイルならこの馬の末脚は必ず生きるはず。

 ダノンスマッシュはマイル未経験ではあるが、1戦ごとの成長が著しく、現時点での完成度はかなり高い。折り合いさえつけばこの距離にも不安はないはずで、今の状態なら十分戦える。追い切りにおいても好調な姿を見せており、狙い目要素あり。

 フロンティアの前走は道中で不利もあった。休養明け初戦としてはまずまずな内容で、ここは巻き返しが見込める情勢。上位と遜色ない実力を秘めながら、前走の敗戦で人気も落とすようなら、旨味も大きい。

 休養明け、いきなりの重賞で好走してみせたケイアイノーティックも要警戒。ディープ産駒で一叩きの上積みもあり、なかなか怖い存在。

 中距離で実績残すファストアプローチにも目を配っておきたい。早い流れで後ろでの競馬になれば新たな側面もみせる可能性も。

 基本的にこのレースは差し馬有利。ならばヒシコスマーの前走でみせた強襲劇の再現も警戒したい。穴で一考。

馬券と総評
推奨馬券 総評
3連単
軸2頭マルチ:

01=03
→10,12,02,05,08,07
(36点)

01=10
→03,12,02,05,08,07
(36点)
上位陣はやや抜けた印象。中でもダノンプレミアムの前走の強さは際立つ。展開的には不利な面もあるが、ここは逆らわずに本命。相手はやはり差し馬を中心。タワーオブロンドン、ステルヴィオは安定した差しを見せてくれるはず。ダノンプレミアムから相手をこの2頭で、3連単マルチながし。ヒモ穴も目立つレースゆえ、できるだけ手広く行きたい。
2016年12月18日(日) / 阪神 1600m 芝・右 外 / 晴・良 サラ系2歳 / 牡・牝(国際)(指定) / オープン / 馬齢
レース結果
着 枠 馬番 印 馬名               性齢 斤 騎手    着差   人気
1[8] 17  ☆ サトノアレス    牡2 55 四 位  1:35.4  6
2[5] 10  △ モンドキャンノ   牡2 55 バルザ  1/2     7
3[2] 4     ボンセルヴィーソ  牡2 55 松 山  2      12
4[7] 13  ▲ ミスエルテ     牝2 54 川 田  アタマ  1
5[8] 18     トラスト      牡2 55 柴田大  2      8
6[6] 11     トリリオネア    牡2 55 松 田  クビ    10
7[3] 6  ☆ クリアザトラック  牡2 55 Mデム  クビ    3
8[7] 15  ○ レッドアンシェル  牡2 55 シュミ  1/2     4
9[8] 16  ☆ アメリカズカップ  牡2 55 松 若  クビ    9
10[4] 7     ビーカーリー    牝2 54 和 田  3/4     18
11[5] 9     ダイイチターミナル 牡2 55 北村友  クビ    17
12[1] 2     アシャカリアン   牡2 55 国分優  クビ    15
13[4] 8  ◎ ダンビュライト   牡2 55 ルメー  ハナ    2
14[3] 5  △ タガノアシュラ   牡2 55 武 豊  1.1/4   5
15[6] 12     トーホウドミンゴ  牡2 55 池 添  クビ    14
16[2] 3     リンクスゼロ    牡2 55 シュタ  4      13
17[1] 1     レヴァンテライオン 牡2 55 内 田  クビ    11
18[7] 14     ブルベアバブーン  牡2 55  幸   1      16
  
払戻金 単勝 17 1420円
    複勝 17 390円 / 10 410円 / 4 910円
    枠連 5-8 3140円
    馬連 10-17 5980円 / 馬単 17-10 11430円
    3連複 4-10-17 42820円 / 3連単 17-10-4 221200円
    ワイド 10-17 1690円 / 4-17 4240円 / 4-10 4090円
  

感想と言い訳?!

 怪物の子、ミスエルテが牝馬ながら圧倒的1番人気を得たレース。混戦が予想されましたが、上位人気が軒並み敗れる波乱の結果。勝利したのは、またもやディープインパクト産駒、サトノアレス。外から一閃の見事な末脚でした。2着にもモンドキャンノが好位差し。スローで流れ、完全な上がりの競馬。いい脚を長く使えるタイプに利がありました。期待したダンビュライトはこの点でかなり苦しかったかもしれません。ただ、それでもここまで惨敗するとは意外といえば、意外です。

2016/12/18 2歳オープン 馬齢 指定 国際
施行コース
  • 11R
    阪神 A
  • 芝1600m
    外・右回り

  • 見込み
スタートもゴール前も十分な長さの直線で、外枠からの差しがセオリー。ただ、ゆったりと仕掛けられるが故に短距離戦ながらスローになりやすく、一概に先行馬が不利とも言えない。基本的は有利不利が少ない地力勝負。
馬柱
馬名 性齢 斤量 騎手
1 01   レヴァンテライオン 牡2 55.0 内田博幸
1 02   アシャカリアン 牡2 55.0 国分優作
2 03   リンクスゼロ 牡2 55.0 シュタル
2 04   ボンセルヴィーソ 牡2 55.0 松山弘平
3 05 タガノアシュラ 牡2 55.0 武豊
3 06 クリアザトラック 牡2 55.0 M.デムーロ
4 07   ビーカーリー 牝2 54.0 和田竜二
4 08 ダンビュライト 牡2 55.0 ルメール
5 09   ダイイチターミナル 牡2 55.0 北村友一
5 10 モンドキャンノ 牡2 55.0 バルザロ
6 11   トリリオネア 牡2 55.0 松田大作
6 12   トーホウドミンゴ 牡2 55.0 池添謙一
7 13 ミスエルテ 牝2 54.0 川田将雅
7 14   ブルベアバブーン 牡2 55.0 幸英明
7 15 レッドアンシェル 牡2 55.0 シュミノ
8 16 アメリカズカップ 牡2 55.0 松若風馬
8 17 サトノアレス 牡2 55.0 四位洋文
8 18   トラスト 牡2 55.0 柴田大知
*◎:本命 ○:対抗 ▲:単穴 △:穴 ☆:注意
は騎手乗り替わり
予想ペース
M
ミドル

逃げ馬が複数いるものの、競り合う形にはならない。直線を考慮して各馬が控えるようだと、スローもありえる。

信頼度
D
波乱含み
各馬、実力差が少なく、横一線。それなりに人気も割れるが、波乱も十分ありえる情勢。
予想本文 

~ 軸馬不在の大混戦 ~
 重賞2勝で現時点の当世代トップと思われたブレスジャーニーが休養に入った。それに加え、ダート地方馬、牝馬も入り混じり、一気に混迷を極める今年の朝日杯FS。長らくこのレースから輩出されていないが、やはり来年クラシックを賑わすようなスターホースの出現を期待したいところ。
 
 本命にはトータルでマイナス面の少ないダンビュライトを据える。前走、サウジアラビアRCで敗れたブレスジャーニーはここは不在。このレースでは直線モタれた点ばかりが強調されるが、そのレースぶりや後続につけた着差を考えると、このメンバーでは頭一つ抜けている感。引き続きルメール騎手が鞍上であることも心強く、軸としての安心感が高い。

 連勝馬レッドアンシェルはここ2戦のセンスあるレースぶりに好感。どの位置からでも競馬ができそうで、切れる脚があることも前走で証明してみせた。鞍上交代がどちらに影響するかは微妙なところもあるが、逆にそれ以外の不安点もあまり見当たらない好素材。マイラーとしての資質は高く、安定した競馬ぶりが期待できる。未経験の阪神の坂もうまくこなせそう。

 牝馬といえど、臆する必要はなく、むしろそのキレの味の良さが目立つミスエルテ。わざわざ阪神JFを見送ってここまで待っての調整。ヨーロッパ史上最強ホース、フランケルの産駒で、ここは注目したいところ。実力的にもここではトップクラスといえるが、気になるのは押さえの効かない気性。人気しすぎの面を嫌ったが、折り合いさえつけば勝ち負け必至だろう。

 先の阪神JFで3着入線したレーヌミノルに土を付けたモンドキャンノ。上がりタイムも秀逸。初夏の活躍後、休養を挟んでの勝利は大きく、その地力は信頼に足る。後は気性面と血統的に距離が持つかどうか。

 札幌2歳Sでは1番人気を裏切ってしまったタガノアシュラ。しかし続く黄菊賞では一転大逃げ勝ちで地力を証明。阪神マイルでの逃げ切りは想像し難い面もあるが、意外とここで1年遅れの武豊騎手、G1完全制覇達成の可能性もありえそう。

 阪神マイルはとにかくディープインパクト。そして騎手ではM.デムーロ。その2つを兼ね備えたクリアザトラックは1勝馬だろうが、追えてなかろうが、とにかくここは買い。

 同じくディープインパクト産駒、サトノアレスもバランスが良く、センスもありそう。特に前走は時計的にも優秀で、このレースの好走パターンにも当てはまる。

 うるさいところがあるだけに期間が空いたことは気になるが、アメリカズカップは並んでからの渋とさが売り。いきなりの好走があっても驚けない。

馬券と総評
推奨馬券 総評
3連単
軸2頭マルチ:

08=15
→13,10,05,06,17,16
(36点)

08=13
→15,10,05,06,17,16
(36点)
キャリア浅い2歳馬に加え、抜けた馬もおらず、どの馬が勝ってもおかしくない情勢。この中ではダンビュライトが軸としては最も信頼できそう。それ以外は全くの横一線といってよく、できればダンビュライトの1頭軸で臨みたい。しかし、ヒモを手広くとなると、3連単ではもう一頭相手を指定した2頭軸マルチが妥当。このレースは単勝と馬連に5%ボーナスがつくので、そちらで大きく勝負するのも一興。
2015年12月20日(日) / 阪神 1600m 芝・右 外 / 晴・良
サラ系2歳 / 牡・牝(国際)(指定) / オープン / 馬齢
レース結果
着 枠 馬番 印 馬名               性齢 斤 騎手    着差   人気
1[8] 15  ○ リオンディーズ   牡2 55 Mデム  1:34.4  2
2[6] 11  ◎ エアスピネル    牡2 55 武 豊  3/4     1
3[7] 13     シャドウアプローチ 牡2 55 中 谷  4      11
4[3] 6  ☆ ユウチェンジ    牡2 55 川 田  クビ    10
5[6] 12  ▲ シュウジ      牡2 55 岩 田  ハナ    3
6[4] 8     ツーエムレジェンド 牡2 55 太 宰  クビ    13
7[5] 10     タイセイサミット  牡2 55 アッゼ  ハナ    8
8[2] 3  ☆ アドマイヤモラール 牡2 55 田 辺  1/2     9
9[4] 7  △ イモータル     牡2 55 武 幸  クビ    5
10[2] 4     コパノディール   牝2 54 小 牧  クビ    14
11[5] 9  △ ボールライトニング 牡2 55 蛯 名  2      4
12[7] 14  ☆ ハレルヤボーイ   牡2 55 浜 中  1.1/4   7
13[8] 16     スリラーインマニラ 牡2 55 和 田  1.1/2   15
14[1] 2     ショウナンライズ  牡2 55 池 添  2.1/2   6
15[1] 1     サイモンゼーレ   牡2 55  幸   1.1/4   16
16[3] 5     ウインオスカー   牡2 55 松 山  1/2     12
  
払戻金 単勝 15 590円
    複勝 15 180円 / 11 110円 / 13 780円
    枠連 6-8 460円
    馬連 11-15 520円 / 馬単 15-11 1340円
    3連複 11-13-15 8160円 / 3連単 15-11-13 38560円
    ワイド 11-15 260円 / 13-15 5170円 / 11-13 1610円
  

感想と言い訳?!

 武豊ジョッキーの前人未到G1完全制覇はもう目の前でした。完璧なレースぶりでこれは圧勝と思われたところを、やはりミルコ駆るリオンディーズが強襲しました。さすがに「もうやめてあげて~」としか言えませんでした。(笑)

 この2頭が前評判通り強い競馬をみせましたが、3着以下は混戦。鞍上手替わりで軽視してしまったシャドウアプローチが3着に入りました。全流し馬券を持っていたので、どうにか馬券はとれましたが、焦点は3着争いでしたので、予想としてはハズレですね。もしユウチェンジであれば、とんでもないことになってくれていたのに…残念っ!

2015/12/20 2歳オープン 馬齢 指定 国際
施行コース
  • 11R
    阪神 A
  • 芝1600m
    外・右回り

  • 見込み
スタートもゴール前も十分な長さの直線で、外枠からの差しがセオリー。ただ、ゆったりと仕掛けられるが故に短距離戦ながらスローになりやすく、一概に先行馬が不利とも言えない。基本的は有利不利が少ない地力勝負。
馬柱
馬名 性齢 斤量 騎手
1 01   サイモンゼーレ 牡2 55.0 幸英明
1 02 ショウナンライズ 牡2 55.0 池添謙一
2 03 アドマイヤモラール 牡2 55.0 田辺裕信
2 04   コパノディール 牝2 54.0 小牧太
3 05   ウインオスカー 牡2 55.0 松山弘平
3 06 ユウチェンジ 牡2 55.0 川田将雅
4 07 イモータル 牡2 55.0 武幸四郎
4 08   ツーエムレジェンド 牡2 55.0 太宰啓介
5 09 ボールライトニング 牡2 55.0 蛯名正義
5 10   タイセイサミット 牡2 55.0 アッゼニ
6 11 エアスピネル 牡2 55.0 武豊
6 12 シュウジ 牡2 55.0 岩田康誠
7 13   シャドウアプローチ 牡2 55.0 中谷雄太
7 14 ハレルヤボーイ 牡2 55.0 浜中俊
8 15 リオンディーズ 牡2 55.0 M.デムーロ
8 16   スリラーインマニラ 牡2 55.0 和田竜二
*◎:本命 ○:対抗 ▲:単穴 △:穴 ☆:注意
は騎手乗り替わり
予想ペース
M
ミドル
12の出方が微妙もおそらくはハナを切る展開。それなりに流れるはずで、差し馬有利の流れ。
信頼度
B
軸馬信頼
本命馬の信頼度は高いも、他馬は混戦。ヒモ穴には注意が必要。
予想本文 

~ 最期に残した冠 ~
 武豊騎手がG1完全制覇に挑む。最期まで残ったG1は朝日杯FSとなった。これが意味するところは、強い馬には強い騎手が乗る。しかし、2歳という若駒では、まだその強さというものは未知であるということだろう。しかし、今年はエアスピネルというパートナーを得て、最高の舞台が整った。彼だけの記録ではなく、関係者が、ファンが共有できる大記録。やはり、ここまできたら見てみたいもの。

 不確定要素も多いだけに、圧倒的人気馬もあっさり負けるこのレースだが、エアスピネルはやはり一段上の存在か。新馬戦では後続引きつけ、差されそうなところでエンジンかけて突き放し、続く前走デイリー杯は横綱相撲の大楽勝。時計的な裏付けがあり、折り合いに不安もなく、好調も維持。現時点ではこれといったライバルもおらず、まるで武豊騎手の偉業をお膳立てするかのような際立つ存在。

 スペシャルウィーク産駒シーザリオを母に持つ、エピファネイアの半弟、リオンディーズ。1勝馬、それも人気を背負うだろうこの馬をこの評価に推すのは気が引けるが、本命馬に勝てるとするならやはりこの馬の素質に求めたい。デビュー戦は気性的に不安を残す内容で、その点が不安要素となるが、良血もうなずける期待を抱かせるスケールの大きな走りが印象に残った。特に後半の時計の速さは特筆もの。加えてこの人が乗るなら、この評価は仕方がない。そして大記録を阻むとするならば、やはりこの人のような気がする。

 実績的にはシュウジも黙ってはいない。前走、エアスピネルには完敗の形だが、ハナを切っての2着は死守は他馬には力の差をみせつけた感。果たして今回ハナを切るかは微妙だが、阪神マイルを考慮した際、脚質的なところと、血統的なところで少々不安は残るが、3番手評価に値する高い性能がある。

 前走の京王杯を完成度高い、きれいな勝ち方をしてみせたボールライトニング。前目につけ、早い脚であがる堅実タイプで、ここでも大きく着順を落とすことはなさそう。その分、インパクトには欠けるが、不安要素少なく十分上位が狙える存在。

 イモータルもスケールの大きさを感じさせる1頭。前走は少々窮屈な競馬になって脚を余してしまったが、それでもハナ差2着まで詰め寄った。マイルではまだ短い感もあるが、阪神コースならそれほど気にもならない。能力上位。

 前走鮮やかに押し切りを見せたショウナンライズ。押さえが効かないといった感じの早め先頭の競馬で、初となるマイル戦がどうかも、ダイワメジャー産駒らしい良い脚を長く使える競馬っぷりには好感が持てる。

 ハレルヤボーイは前走、東スポ杯で5着という結果も、直線はよく伸びていた。連続で33秒台で上がっており、パワーのいる阪神の外回りならさらに面白い。

 前走は不利がありながらも外からの差し脚に見るべきものがあったユウチェンジ。G1の速い流れに少々不安はあるが、混戦なら食い込みも。

 この馬にはやや短めの距離でも好走してみせたアドマイヤモラール。内枠と1ハロン伸びた距離で引き続き。

馬券と総評
推奨馬券 総評
3連単
軸2頭マルチ:

11=15
→12,09,07,02,14,06,03
(42点)

昨年から阪神に変わってデータ的には乏しいも阪神外回りマイルなら、やはり波乱要素には乏しく、力のある差し馬が有利だろう。先行脚質ではあるがエアスピネルはやはり不動の軸馬とみる。他は横一戦で難しいところ。本命馬を凌駕する可能性に賭け、リオンディーズを対抗とする。

一応、推奨馬券としてはエアスピネル-リオンディーズの2頭軸マルチとはしたが、1,2番人気で旨味は少ない。そのため、実質はエアの1着固定のリオンの2,3着での流しが本線。ついで、1着リオン、2着エアを押さえとした3本まで絞り込みたい。その分、ヒモ相手は手広く全流しまで視野。

2014年12月21日(日) / 阪神 1600m 芝・右 外 / 晴・稍重
サラ系2歳 / 牡・牝(国際)(指定) / オープン / 馬齢
レース結果
着 枠 馬番 印 馬名               性齢 斤 騎手    着差   人気
1[1] 2  ☆ ダノンプラチナ   牡2 55 蛯 名  1:35.9  1
2[3] 6     アルマワイオリ   牡2 55 勝 浦  3/4     14
3[7] 14  ◎ クラリティスカイ  牡2 55 岩 田  3/4     3
4[1] 1  △ ネオルミエール   牡2 55 柴 山  3/4     6
5[6] 12     アクティブミノル  牡2 55 武 豊  アタマ  9
6[7] 15     タガノエスプレッソ 牡2 55 菱 田  1/2     7
7[8] 16  ○ ブライトエンブレム 牡2 55 田 辺  クビ    2
8[5] 9  ▲ アッシュゴールド  牡2 55 池 添  クビ    4
9[2] 3     コスモナインボール 牡2 55 柴田大  1.1/4   10
10[3] 5     タガノアザガル   牡2 55 四 位  1.1/2   18
11[4] 8  △ ナヴィオン     牡2 55 福 永  クビ    5
12[6] 11     ワキノヒビキ    牡2 55 北村宏  2.1/2   15
13[5] 10     ジャストドゥイング 牡2 55 川 田  2      13
14[4] 7     セカンドテーブル  牡2 55 戸 崎  3/4     11
15[2] 4     ケツァルテナンゴ  牡2 55 浜 中  1/2     12
16[8] 17     ペイシャオブロー  牡2 55 和 田  3.1/2   16
17[8] 18     メイショウマサカゼ 牡2 55 太 宰  5      17
18[7] 13  ☆ ペプチドウォヘッド 牡2 55 ムーア  大差    8
  
払戻金 単勝 2 460円
    複勝 2 190円 / 6 1060円 / 14 180円
    枠連 1-3 6160円
    馬連 2-6 14050円 / 馬単 2-6 20260円
    3連複 2-6-14 20560円 / 3連単 2-6-14 133570円
    ワイド 2-6 4030円 / 2-14 440円 / 6-14 4520円
  

感想と言い訳?!

 阪神マイルはやっぱりディープインパクト?!唯一のディープ産駒ダノンプラチナがあっさり勝利してしまいました。ここのところ、1番人気はずっと勝ててなかったんですが、ジンクスを破りました。内容も完勝といっていいものでした。距離が伸びてどうかは微妙なようなコメントがありましたが、この内容なら今後楽しみです。

 波乱を演出したのはアルマワイオリ。デイリー杯では4着でしたし、その上位馬が参戦されると注目度は低くなりますよね。でも、一応ヒモで押さえていたんです。そして3着にはクラリティスカイも来てるのに、2番軸が…ねぇ。

 今年はほんと調子が悪いです。オーラス有馬記念頑張ります。

2014/12/21 2歳オープン 馬齢 指定 国際
施行コース
  • 11R
    阪神 A
  • 芝1600m
    外・右回り
  • 稍重
    見込み
コース図
やはり阪神マイル戦であれば全般的には差し馬有利。とはいえ、極端な追い込みは苦しい。前日の雨がどこまで残るかだが、力のいる馬場であることには違いない。
馬柱
馬名 性齢 斤量 騎手
1 01 ネオルミエール 牡2 55.0 柴山雄一
1 02 ダノンプラチナ 牡2 55.0 蛯名正義
2 03   コスモナインボール 牡2 55.0 柴田大知
2 04   ケツァルテナンゴ 牡2 55.0 浜中俊
3 05   タガノアザガル 牡2 55.0 四位洋文
3 06   アルマワイオリ 牡2 55.0 勝浦正樹
4 07   セカンドテーブル 牡2 55.0 戸崎圭太
4 08 ナヴィオン 牡2 55.0 福永祐一
5 09 アッシュゴールド 牡2 55.0 池添謙一
5 10   ジャストドゥイング 牡2 55.0 川田将雅
6 11   ワキノヒビキ 牡2 55.0 北村宏司
6 12   アクティブミノル 牡2 55.0 武豊
7 13 ペプチドウォヘッド 牡2 55.0 ムーア
7 14 クラリティスカイ 牡2 55.0 岩田康誠
7 15   タガノエスプレッソ 牡2 55.0 菱田裕二
8 16 ブライトエンブレム 牡2 55.0 田辺裕信
8 17   ペイシャオブロー 牡2 55.0 和田竜二
8 18   メイショウマサカゼ 牡2 55.0 太宰啓介
*◎:本命 ○:対抗 ▲:単穴 △:穴 ☆:注意
は騎手乗り替わり
予想ペース
MS
ミドルスロー
差し有利は明白で、それゆえ積極的に動く馬も少なそう。マイル戦でもあり、ある程度は流れるも、スローに近い流れとなるか。
信頼度
C
混戦
有力馬の現時点での実力差は互角。一長一短あり、他馬にも付け入る隙がありそう。
予想本文 

~ 朝日杯?阪神?? ~
 中山の名物レースの2歳牡馬王者決定戦が阪神で行われることになった。朝日杯より数々のクラシックホースを輩出した暮れのラジオNIKKEI杯2歳ステークスが個人的には好きなレースだったのだが、こちらはホープフルSとして中山に移ることになった。いずれこちらもG1に昇格される可能性もあり、今後この朝日杯FSはどうなってしまうのか少々気になるところ。

 各馬横一線の状況だが、クラリティスカイを本命視する。前走、いちょうSのレースレベルはそれなりに高く、そこでの2馬身差レコード勝ちは見事。ある程度の先行力もあり、湿った馬場もこなせるパワーもある。阪神の外回りならじっくりと構えることもできよう。地力的には少し決め手に欠ける面も否めないが、鞍上含め、どのような展開になろうとも対応できる安心感にここは乗っかってみる。

 先の阪神JFで好走したレッツゴードンキを、札幌2歳Sで子供扱いしたブライトエンブレム。札幌の小回りコーナーを、外を回しながら短い直線だけで差し切った瞬発力は相当の地力の高さを窺えた。阪神コースであることを踏まえると純然マイラーよりも早くから中距離を経験していることも好ましい。ただ、気になるところは2戦連続のスタートミス。今後の矯正課題ではあるが、少し開いたレース間隔が吉凶どちらに転ぶか。

 オリエンタルアートにステイゴールド。言わずと知れたオルフェーブルの全弟、アッシュゴールド。鞍上も池添騎手となると否応なく期待感が集まる。兄同様、現段階ではまだまだ発展途上の状態だが、前走では良い切れを披露。比較的前で競馬ができたのも収穫で、さらなる上積みも見込めそう。地力がストレートに問われる阪神に変わったこともプラス。積極的に狙いたいところではあるが、いかんせん人気を必要以上に背負うだけに軸には難しいところ。

 デイリー杯2歳Sでは2馬身空けられた3着と1番人気に応えられなかったナヴィオン。ただ、競馬ぶりには上達の跡。完全なスローペースの中、ある程度前に進める対応を見せ、これまでの後方一気だけの脚質から完全に脱却したと言えよう。デイリー杯自体のレースレベルに疑問が残るため、この評価に留めたが、状態はすこぶる良さそう。

 やや地味ながらネオルミエールも十分主役候補の一角。前走いちょうSでは、勝ったクラリティスカイより速い脚で追い上げての2着。勝ち馬には着差を広げられたものの、十分次に繋がる内容だった。前走2着ということで比較的人気的な旨味もあり、内枠活かせば逆転の目。

 ここ2戦、東京コースで圧勝し、1番人気が予想されるダノンプラチナ。2歳の牡牝で、2週連続蝦名騎手騎乗のディープ産駒という出来すぎの結果もなくはなさそう。だが、今年からこのレースは関西に舞台を移す。印的には関東馬には少し遠慮してもらった。

 一介のダート馬とは侮れぬペプチドウォヘッド。これまでの勝ちっぷりがよく、芝もこなせそうな走法。加えて馬場が重くなるようなら、さらに好都合。

馬券と総評
推奨馬券 総評
3連単
軸2頭マルチ:

14=16
→09,08,01,02,13
(30点)

14=09
→16,08,01,02,13
(30点)
2歳戦線はここまでに至るトライアル戦が、重賞が増えたことにより多岐に渡った。それゆえ判断も難しいところだが、いちょうS勝ちのクラリティスカイを最上位評価とした。ただ、他有力馬も差は僅かで、どこからでも狙える状況。上位ボックス馬券も考えたが、ヒモ穴に旨味もありそうなので、やはり2頭軸マルチで手広く。
クラリティスカイから、ブライトエンブレム、アッシュゴールドと相手を変えてのながし馬券で挑みたい。
2013年12月15日(日) / 中山 1600m 芝・右 外 / 晴・良
サラ系2歳 / 牡・牝(国際)(指定) / オープン / 馬齢
レース結果
着 枠 馬番 印 馬名               性齢 斤 騎手    着差   人気
1[3] 6  ▲ アジアエクスプレス 牡2 55 ムーア  1:34.7  4
2[6] 11  × ショウナンアチーヴ 牡2 55 後 藤  1.1/4   6
3[7] 14  ○ ウインフルブルーム 牡2 55 和 田  クビ    5
4[2] 4  △ マイネルディアベル 牡2 55 Mデム  1.1/4   9
5[2] 3  ◎ アトム       牡2 55 川 田  ハナ    1
6[8] 16     ショウナンワダチ  牡2 55 北村宏  1/2     7
7[7] 13  △ プレイアンドリアル 牡2 55 柴田大  アタマ  2
8[3] 5  × サトノロブロイ   牡2 55 松 田  1      10
9[5] 10     グリサージュ    牝2 54 江田照  アタマ  12
10[1] 1     ベルカント     牝2 54 武 豊  クビ    3
11[5] 9  × ツィンクルソード  牡2 55 福 永  クビ    8
12[8] 15     ハイアーレート   牡2 55 吉田豊  1.3/4   15
13[6] 12     アポロスターズ   牡2 55 勝 浦  3/4     14
14[4] 8     ニシノデンジャラス 牡2 55 田 辺  5      13
15[4] 7     エルカミーノレアル 牡2 55 川 須  クビ    11
16[1] 2     テイエムキュウコー 牡2 55 三 浦  5      16
  
払戻金 単勝 6 870円
    複勝 6 390円 / 11 470円 / 14 400円
    枠連 3-6 4160円
    馬連 6-11 7710円 / 馬単 6-11 13000円
    3連複 6-11-14 27430円 / 3連単 6-11-14 162960円
    ワイド 6-11 2400円 / 6-14 1890円 / 11-14 2060円
  

感想と言い訳?!

 やはりこのレースは外国人ジョッキーなんでしょうか。ムーア騎手駆るダート無敗馬アジアエクスプレスが完勝でした。4着、M.デムーロのマイネルディアベルも好走といっていいでしょう。

 また、これだけきれいに印並べて、肝心の◎本命アトムが5着。概ね予想通りなのに肝心の軸馬を間違えました。もったいない。ちょっと窮屈な競馬になってしまいましたね。

2013/12/15 2歳オープン 馬齢 指定 国際
施行コース
  • 11R
    中山 A
  • 芝1600m
    外・右回り

  • 見込み
コース図
スタートすぐのコーナー。その後は長い下り。先行激化必至だが、最後には急坂。差し馬有利には違いないが、直線は短く、外も回れぬジレンマを抱える。
馬柱
馬名 性齢 斤量 騎手
1 01   ベルカント 牝2 54.0 武 豊
1 02   テイエムキュウコー 牡2 55.0 三浦 皇成
2 03 アトム 牡2 55.0 川田 将雅
2 04 マイネルディアベル 牡2 55.0 M.デムーロ
3 05 × サトノロブロイ 牡2 55.0 松田 大作
3 06 アジアエクスプレス 牡2 55.0 R.ムーア
4 07   エルカミーノレアル 牡2 55.0 川須 栄彦
4 08   ニシノデンジャラス 牡2 55.0 田辺 裕信
5 09 × ツィンクルソード 牡2 55.0 福永 祐一
5 10   グリサージュ 牝2 54.0 江田 照男
6 11 × ショウナンアチーヴ 牡2 55.0 後藤 浩輝
6 12   アポロスターズ 牡2 55.0 勝浦 正樹
7 13 プレイアンドリアル 牡2 55.0 柴田 大知
7 14 ウインフルブルーム 牡2 55.0 和田 竜二
8 15   ハイアーレート 牡2 55.0 吉田 豊
8 16   ショウナンワダチ 牡2 55.0 北村 宏司
*騎手の赤字は乗り替わり
予想ペース
MH
ミドルハイ
短距離路線組がカギ。特に最内01が逃げる展開も、スピードで押し切るか、距離を考慮で控えるかの鞍上の判断に依存されそう。
信頼度
D
混戦
若駒のレースだけに材料が乏しい。無敗の人気馬も少なく、どの馬にもチャンスはありそう。
予想本文 

 牝馬が参戦するという一風変わった今回の朝日杯フューチュリティS。しかも重賞勝ち馬もその牝馬のうちの一頭。無敗馬も少なく、いささかG1と呼ぶにはいささか興を削がれるメンバーではあるが、ここから出世してゆく登竜門であるこも相違ない。

 一抹の不安を抱えつつも、安定感を買ってアトムを本命。地力的には他馬とも差を感じないが、トータルバランスが優秀。前走のデイリー杯では、先行するホウライアキコを捉えきれずの敗戦だが、レコード決着のもの。中団中目から差せる脚質でもあり、勝ち負けはともかく、上位好走する可能性はかなり高そう。

 金髪で大流星という派手な出で立ちのウインフルブルーム。一生懸命に走るタイプだが、反面、行きたがるところがある点が気に掛かる。控える競馬も可能なはずだが、G1の舞台でどこまで我慢してレースできるかが最大のポイントとなりそう。坂のある阪神コースでの実績が光るし、地力は高いものがあると感じる。

 ダート戦からいきなりの芝転向となるアジアエクスプレス。十分芝もこなせる走法ではあるが、やはりこればかりは実際走ってみないとわからない。ここまでの勝ちっぷりがすごいので、それゆえに大きな期待感と逆に怖さも残る。しかしオッズ的には勝負していいだけの旨味はあるとみる。

 このレースとの連動性が高い東スポ杯組。このレースを2着したプレイアンドリアルはレベル的にはこのメンバーでトップといってもよいだろう。敗れたとはいえ、先団から速い脚を繰り出し、レコード決着のクビ差。地方馬であるヒケ目が感じさせない内容だが、その1戦のみで背負う人気の高さを嫌い、やや控えめな評価とした。

 各馬の力関係が均衡してるなら、騎手の技量大きくなってくる。ならば、M.デムーロ駆るマイネルディアベルがクローズアップされてくる。鞍上だけでなく馬の方も軽視はできず、6戦と多いキャリアの中、着々と地力強化を感じる足跡。

 他馬も展開ひとつといったところだが、まだ底みせていない感のあるツインクルソード、中距離ローテに好感もてるサトノロブロイ、距離不安も安定した末脚のあるショウナンアチーヴをヒモ候補に加えておく。

馬券と総評
推奨馬券 総評
3連単
1着流し:

03
→14,06,13,04,09,05,11
(42点)
2着流し:
03
→14,06,13,04,09,05,11
(42点)
今回のメンバーで2頭軸固定は難しい。安定感を買ってアトムを本命とはしたが、対抗馬の固定ができそうにない。堅くいくならアトムを頭とした3連複馬券が適当だろう。ただ、それでは得られる利も少ないので、個人的には3連単、アトムからの1、2着ながしで勝負したい。
2012年12月16日(日) / 中山 1600m 芝・右 外 / 晴・良
サラ系2歳 / 牡・牝(国際)(指定) / オープン / 馬齢
レース結果
着 枠 馬番 印 馬名               性齢 斤 騎手    着差   人気
1[7] 14  △ ロゴタイプ     牡2 55 Mデム  1:33.4  7
2[3] 5  ◎ コディーノ     牡2 55 横山典  クビ    1
3[2] 3  ▲ ゴットフリート   牡2 55 スミヨ  2.1/2   3
4[6] 12  × フラムドグロワール 牡2 55 ウィリ  3/4     5
5[4] 7     ティーハーフ    牡2 55 武 豊  クビ    6
6[8] 16     ノウレッジ     牡2 55 蛯 名  クビ    10
7[3] 6  ○ ラブリーデイ    牡2 55 ルメー  クビ    4
8[5] 9  △ エーシントップ   牡2 55 浜 中  クビ    2
9[4] 8     クラウンレガーロ  牡2 55  幸   ハナ    8
10[1] 2     ネオウィズダム   牡2 55 柴田善  1/2     12
11[6] 11     アットウィル    牡2 55 岩 田  クビ    13
12[1] 1  × ザラストロ     牡2 55 松 岡  クビ    11
13[2] 4  × テイエムイナズマ  牡2 55 池 添  1.1/2   9
14[7] 13     ディアセルヴィス  牡2 55 勝 浦  3/4     16
15[5] 10     ワキノブレイブ   牡2 55 福 永  クビ    15
16[8] 15     マイネルエテルネル 牡2 55 柴田大  1.1/4   14
  
払戻金 単勝 14 3450円
    複勝 14 450円 / 5 110円 / 3 280円
    枠連 3-7 1380円
    馬連 5-14 1560円 / 馬単 14-5 7770円
    3連複 3-5-14 4530円 / 3連単 14-5-3 54880円
    ワイド 5-14 660円 / 3-14 2270円 / 3-5 360円	
  

感想と言い訳?!

 うーむ。。。いつもなら1着固定とはいえ、こっそり2着ながしも押さえたりするんですが・・・。
大本命馬の鞍上には名手ながらもシルバーコレクター。そしてその大本命馬には外国人ジョッキーが駆る有力馬がとりまく。そんなどこかミエミエの状況を逆に嫌ってしまい、頑固に頭固定で勝負した結果、コディーノはクビ差に散りました。道中早い流れに巻き込まれたのは事実だが、それでもあの展開ならあっさりと勝つとおもったのですが・・・。

 それにしてもデムーロ騎手はすごいですね。ロゴタイプは十分に警戒していましたが、それでもコディーノと叩き合いに持ち込んだ挙げ句、そのままねじ伏せてしまうとは恐れ入りました。

2012/12/16 2歳オープン 馬齢 指定 国際
施行コース
  • 11R
    中山 A
  • 芝1600m
    外・右回り

  • 見込み
コース図
基本的には内枠先行が有利なコース形態。とにかく急坂があるとは言え、直線は短い。コーナーでの位置取りは、勝ち負けを決定づける大きなファクターとなりうる。
馬柱
馬名 性齢 斤量 騎手
1 01 × ザラストロ 牡2 55.0 松岡 正海
1 02   ネオウィズダム 牡2 55.0 柴田 善臣
2 03 ゴットフリート 牡2 55.0 スミヨン
2 04 × テイエムイナズマ 牡2 55.0 池添 謙一
3 05 コディーノ 牡2 55.0 横山 典弘
3 06 ラブリーデイ 牡2 55.0 ルメール
4 07   ティーハーフ 牡2 55.0 武 豊
4 08   クラウンレガーロ 牡2 55.0 幸 英明
5 09 エーシントップ 牡2 55.0 浜中 俊
5 10   ワキノブレイブ 牡2 55.0 福永 祐一
6 11   アットウィル 牡2 55.0 岩田 康誠
6 12 × フラムドグロワール 牡2 55.0 ウィリアムズ
7 13   ディアセルヴィス 牡2 55.0 勝浦 正樹
7 14 ロゴタイプ 牡2 55.0 デムーロ
8 15   マイネルエテルネル 牡2 55.0 柴田 大知
8 16   ノウレッジ 牡2 55.0 蛯名 正義
*騎手の赤字は乗り替わり
予想ペース
MH
ミドルハイ
先行有利なだけにテンが早い。それゆえペースは早くなりがちで、この点において逆に差し馬に目が出てくる。
信頼度
C
軸信頼も
本命馬への信頼はかなり高いが、それでも過信禁物。期待できない配当の中、どこまで視野を広げるかがポイント。
予想本文 

 ここ数年の朝日杯フューチュリティSは確たる本命馬のいない混戦模様の傾向だったが、今年は久しぶりにしっかりとした本命馬がいる。1番人気の複勝圏入着率はここ10年では非常に高いが、一方で圧倒的1番人気が敗れることも印象強いレース。やはり、若駒のレースだけにそう安穏ともしていられないが、果たして今回の本命馬はその人気に応えることができるだろうか。

 重賞2勝の無敗の大本命コディーノの本命は仕方ないところか。アラを探せば1ハロンの短縮や、未対戦馬が多く、勝負付けが済んでいない点などが挙げられるが、致命的なマイナス点とはいえない。初戦こそ出遅れはしたが、競馬上手で我慢は効くし、出したい時にスッと反応もしてくれる。まだ、単にそれだけなら小さくまとまった小器用な馬という結論付けることもできるが、その内容がまた凄まじい。前走などは完全に包まれながら、前が空くとムチいらずでレコード勝ち。見た目があまりにあっさりなので逆に凄さが伝わらぬほど。他の2戦も含めレベルはかなり高く、他の未対戦馬や無敗馬のライバルがいようとも、その差はかなり大きいとみる。

 やはり否応なく最多出場の京王杯組に目がいくが、その中で筆頭にはラブリーデイを指名。実際のところ、京王杯組の実力差の比較はかなり難しい。というのも、そこでの人気上位馬が軒並み大敗したため、特殊な展開だったのではという懸念が残るからだ。しかし、その後の動向を見るに、ここは素直にこのレースの結果を実力差と考えてよいのではという結論に至った。その中でこの馬を最上位に据えたのは、1800mから一気の距離短縮の1400mという中で、キャリアハイといっていいほどのパフォーマンスを見せたことによる。無論、このレースの勝ち馬の無敗馬エーシントップには一目置くが、今の状態で1ハロン延長なら勝ち目もあるとみる。枠順も理想的。

 2戦2勝でまだ底を見せていないゴットフリートにも期待がかかる。いずれも僅差での勝利で、重賞勝ちもないが、好位から安定した差し脚が使える点を評価。その末脚はなかなかのものをもっており、加えて追える外国人ジョッキーを鞍上に迎え、内枠を引いた今、非常に怖い存在になったと言えよう。母父SSにローエングリンという配合がこの世代で成功すれば、今後かなり期待されることにもなるだろう。

 最多の京王杯組の覇者エーシントップ。無敗の重賞馬で、本命コディーノと双璧をなす存在。ただ、マイル以上の距離を未経験という点がどうにも気になった。決して短距離馬という印象ではないが、ほぼ逃げに近い先行馬でもあり、やはり距離延長の上、ペースのあがるG1となると不安も先行する。とはいえ、前走の内容はかなり秀逸で、東京コースの長い直線を、あれだけの差し馬に迫られながら、ついに抜かせなかった点は相当の地力がないと不可能な芸当。人気を嫌ってこの評価に留めたが、十分勝ち負けを狙える存在。

 母父SSにローエングリンというならロゴタイプも同じ。1200mから1800mと幅広いレンジを使われ、いずれも好走といえる内容の実績を残した。デムーロ騎手に乗り替わった前走では目の覚めるようなレコード勝ち。まとまりがよく競馬上手なタイプで、こういう馬を名手が駆ればやはり怖い。混戦にも強いだろうし、複勝圏内には意識しておきたい。

 本命馬コディーノと同厩のフラムドグロワールもレースセンスは高そう。過去3戦、展開はそれぞれ異なりながらも、いずれも34秒台の末脚を披露。発馬五分ならそう大崩れはなさそうで、ゴール前混戦になれば目が出る。

 最内枠から内回り中山コースを馬群を割ってこれるかがポイントとなるが、ザラストロも展開ひとつ。前走は大敗だが、休み明けの言い訳はあり、一叩きで変わり身警戒。

 デイリー杯2歳Sの覇者で、京王杯1番人気のテイエムイナズマをこの評価は失礼なのかもしれないが、上述の通り京王杯の結果がフロック的要素がないと考えると、妥当ともいえよう。ただ距離が伸びた今回、もう一度見直すのは一興。

馬券と総評
推奨馬券 総評
3連単

1着固定ながし:

05
→06,03,09,14,12,01,04
(42点)
2歳馬に対し、安易な絶対視はかなり危険ともいえるが、本年の本命馬、コディーノは信頼してもよいような気がする。
必然、相手探しとなるが、オッズの兼ね合いを考慮すると、どこまで広げるかが思案どころとなる。
いずれにせよ、ここは3連単1着固定ながしで。押さえとして2着ながしを買うよりも、1着コディーノのまま、2着を固定した馬券を重ねた方がよさそう。
2011年12月18日(日) / 中山 1600m 芝・右 外 / 晴・良
サラ系2歳 / 牡・牝(国際)(指定) / オープン / 馬齢
レース結果
着 枠 馬番 印 馬名               性齢 斤 騎手    着差   人気
1[2] 3  △ アルフレード    牡2 55 ウィリ  1:33.4  1
2[2] 4  × マイネルロブスト  牡2 55 蛯 名  2      4
3[8] 15  × レオアクティブ   牡2 55 横山典  1/2     8
4[6] 12  × トウケイヘイロー  牡2 55 後 藤  クビ    9
5[8] 16  ◎ ダローネガ     牡2 55 佐 藤  1.1/4   3
6[1] 1     サドンストーム   牡2 55 勝 浦  クビ    5
7[4] 7  ○ クラレント     牡2 55 小 牧  1/2     2
8[5] 10     ジョウノバッカス  牡2 55 戸 崎  1/2     16
9[1] 2  △ ローレルブレット  牡2 55 池 添  アタマ  6
10[3] 5     ネオヴァンクル   牡2 55 浜 中  アタマ  14
11[4] 8     ショウナンラムジ  牡2 55 岩 田  2.1/2   7
12[3] 6     スノードン     牡2 55 北村友  クビ    10
13[6] 11  ▲ マコトリヴァーサル 牡2 55 メンデ  1/2     12
14[7] 14     ヒシワイルド    牡2 55 ルメー  1/2     13
15[5] 9     ニンジャ      牡2 55 藤岡佑  2.1/2   15
16[7] 13     ハクサンムーン   牡2 55 田中勝  クビ    11
  
払戻金 単勝 3 310円
    複勝 3 160円 / 4 270円 / 15 390円
    枠連 2-2 1660円
    馬連 3-4 1520円 / 馬単 3-4 2180円
    3連複 3-4-15 8540円 / 3連単 3-4-15 30630円
    ワイド 3-4 630円 / 3-15 1160円 / 4-15 2680円	
  

感想と言い訳?!

 1番人気アルフレードが内枠の利もうまく利用して、完勝しました。
終始安定したレース振りでまさに完勝といっていい内容です。
しかし、このレースは本当に外国人ジョッキーが強いですね。

 2着にも内枠のマイネルロブストが入りました。
それを踏まえるとレオアクティブは外からさすがといっていいでしょう。

 期待したダロ-ネガが予想通り外を回らせられはしました。
ただ、それでもコーナー出口ではよい位置につけ、そこから伸びるかとも思いましたが失速してしまいましたね。それでも5着死守は評価してもよさそうです。

2011/12/18 2歳オープン 馬齢 指定 国際
施行コース
  • 11R
    中山 A
  • 芝1600m
    外・右回り

  • 見込み
コース図
スタートから1コーナーまでの直線は短く、ゴール前直線も短い。当然内枠先行馬が有利となるが、ゴール前にそびえる急坂がわずかに相殺。
馬柱
馬名 性齢 斤量 騎手
1 01   サドンストーム 牡2 55.0 勝浦 正樹
1 02 ローレルブレット 牡2 55.0 池添 謙一
2 03 アルフレード 牡2 55.0 ウィリアム
2 04 × マイネルロブスト 牡2 55.0 蛯名 正義
3 05   ネオヴァンクル 牡2 55.0 浜中 俊
3 06   スノードン 牡2 55.0 北村 友一
4 07 クラレント 牡2 55.0 小牧 太
4 08   ショウナンラムジ 牡2 55.0 岩田 康誠
5 09   ニンジャ 牡2 55.0 藤岡 佑介
5 10   ジョウノバッカス 牡2 55.0 戸崎 圭太
6 11 マコトリヴァーサル 牡2 55.0 メンディザ
6 12 × トウケイヘイロー 牡2 55.0 後藤 浩輝
7 13   ハクサンムーン 牡2 55.0 田中 勝春
7 14   ヒシワイルド 牡2 55.0 ルメール
8 15 × レオアクティブ 牡2 55.0 横山 典弘
8 16 ダローネガ 牡2 55.0 佐藤 哲三
*騎手の赤字は乗り替わり
予想ペース
M
ミドル
主導権争い必至のコース形態のため、スローにはならない。13のスピードはずば抜けており、必然ハナはとりそう。
信頼度
D
混戦
先週同様、これといった軸馬不在の混戦模様。展開面による影響も大きそう。
予想本文 

 それまでの東京から中山へ舞台を移し、2歳馬によるレースとなる朝日杯FS。
コース体型からも波乱の要素が十分にも関わらず、過去の傾向としては何故か平穏傾向。
ただ、今年のメンバーは確たる軸馬不在の混戦模様で一筋縄ではいきそうにない。
余談だが、昨年のこのレースの1、2着馬、グランプリボスとリアルインパクトが揃って本日の阪神Cに登場し、グランプリボスが勝利してみせた。
やはり翌年以降もずっと活躍できるような馬の出現を期待したい。

 大外枠の不利は十分承知している。それでもこのダロ-ネガを中心に据える。
他馬にこれと行った馬がいないということもあるが、2歳にしてすでに貫禄あるスケールの大きいレースぶりに好感。もっとも前走は大きく出遅れてしまい、後方からのレースとなる未熟さも見せた。しかし、それでも2着入線し、結果的に差しもできることを逆に見せつけることになった。それでもこの馬の本来の良さはやはり先行しての粘り込み。この大外枠で今回も同じように出遅れると致命的ではあるが、好発切れれば外を回ってもこのメンバー相手ならそう大崩れはないとみる。

 そのダロ-ネガにデイリー杯で土をつけたクラレント。満を持して臨んだ東スポ杯でまさかの放馬。加えて馬場渋化も手伝って、まるでレースにならなかった。その大敗をどう判断するかが微妙なところ。確かに度外視できる内容ではあるのだが、全くの減点なしというわけでもない。
その点がこの馬の取捨を難しくしているが、それでも巻き返しは必ずあるはずで、本命、ダロ-ネガの次点評価とする。

 やや、穴狙いではあるが、マコトリヴァーサルが不気味。新馬戦を5馬身逃げでぶっちぎり、2走目は重賞で、エピセアロームに敗れはしたが一転差す競馬を見せた。そしてさらに続くデイリー杯で果敢に先行して、マイルでもやれるところを見せた。5着に敗れはしたものの、その1走ごとの成長には魅力を感じた。鞍上が外国人ジョッキーに替わり新味をみせ、さらなる成長を見せてくれれば面白い存在となる。

 すでに6戦とキャリアは多いが、ローレルブレッドにも本命馬に似た安定感を漂わせる。
黄菊賞、千両賞と条件戦とはいえ、それなりのレベルの高いレースのローテーション、スローからハイペースまであらゆるレースでコンスタントによい末脚を披露。やはり中距離での安定した差し馬には一定の信用を置きたい。内枠を引いたことも大きい。

 新馬戦で34秒の上がり、続くレースではスローとはいえ、なんと32秒の上がりをみせたアルフレード。マイル経験があり、2戦2勝で鞍上はウイリアムズ騎手で内枠も引いた。1番人気は当然うなずけるが、印象論とはいえ、どうもこの手の出来すぎ感のある関東馬はこのレースでは当てに出来ない。事実、人気ほど信頼できる時計を残しているわけでもなく、人気を考えると強くも推しずらい。ただ、新馬戦でみせた直線でのひと伸びには目を見張るものがあり、素質の片鱗とみてとれるもの。それを踏まえると無視するわけにはいかず、この評価で落ち着いた。

 前走の大敗は気になるが、マイネルロブストも中距離の差し馬。札幌2歳Sでは3着で、直線ではあわやの見せ場。それなりに期待をされての前走東スポ杯だったが、どうにもちぐはぐな競馬となった。精神的に大人になってくればもっとやれていい。

 折り合い課題も、逆にそこを克服すればレオアクティブの破壊力は凄まじい。
中山の短い直線で追い込みは厳しいが、早い流れで折り合えば好勝負も。

 差し脚なら前走レコード勝ちのトウケイヘイローも怖い。一発があっても驚けない強烈な脚がある。地味ながらもう少し注目されていい存在。

馬券と総評
推奨馬券 総評
3連単

軸2頭マルチ:

16=07
→11,02,03,04,15,12
(36点)

16=11
→07,02,03,04,15,12
(36点)
 先週の阪神JFと同様、軸馬不在の混戦模様で難解な一戦。
スケール感と安定性でダロ-ネガを本命としたものの、大外枠のハンデは大きいのは事実。他馬がつけいる隙も多分にあるが、どんな展開でも格好はつけてくれる複勝圏内の軸としては信頼したい。
 相手としては、正直○~△群は差が無く、全部押さえたいほどだが、ひとまずクラレントを相手筆頭の3連単2頭軸マルチながし。
あまり意識していなかったが、結果的に相性のよくないデイリー杯組を高評価することになった。しかし、ヒモはできるだけ手広くいきたいところ。
 ただ、マコトリヴァーサルもからめば高配必至なので、こちらも遊びで少々。
2010年12月19日(日) / 中山 1600m 芝・右 外 / 晴・良
サラ系2歳 / 牡・牝(国際)(指定) / オープン / 馬齢
レース結果
着 枠 馬番 印 馬名               性齢 斤 騎手    着差   人気
1[6] 11     グランプリボス   牡2 55 デムー  1:33.9  5
2[3] 5  ○ リアルインパクト  牡2 55 ベリー  3/4     4
3[1] 2  △ リベルタス     牡2 55 福 永  アタマ  2
4[5] 10  ◎ サダムパテック   牡2 55 スミヨ  クビ    1
5[4] 8  △ リフトザウイングス 牡2 55 ルメー  クビ    3
6[2] 3  X マイネルラクリマ  牡2 55 松 岡  2.1/2   7
7[4] 7     トキノゲンジ    牡2 55 安藤光  クビ    16
8[5] 9  ▲ ロビンフット    牡2 55 後 藤  1/2     8
9[1] 1     オースミイージー  牡2 55 渡 辺  ハナ    10
10[6] 12     シゲルソウサイ   牡2 55  幸   アタマ  9
11[8] 15  X アドマイヤサガス  牡2 55 小 牧  1/2     6
12[3] 6     タガノロックオン  牡2 55 田 辺  1.1/2   15
13[8] 16     タツミリュウ    牡2 55 江田照  1      12
14[7] 13     エーシンブラン   牡2 55 蛯 名  1.1/2   13
15[7] 14     マジカルポケット  牡2 55 安藤勝  2.1/2   11
16[2] 4     ブラウンワイルド  牡2 55 浜 中  3.1/2   14
  
払戻金 単勝 11 1460円
    複勝 11 430円 / 5 350円 / 2 250円
    枠連 3-6 3370円
    馬連 5-11 4990円 / 馬単 11-5 11750円
    3連複 2-5-11 8830円 / 3連単 11-5-2 67910円
    ワイド 5-11 1740円 / 2-11 1360円 / 2-5 860円	
  

感想と言い訳?!

 うーむ。。。
人気馬の中で、まっさきに外したグランプリボス。
サクラバクシンオー産駒で、1600mは長いとみていましたが、完勝でしたね。
このくらいの実力均衡した状態ですと、騎手の力も影響するのでしょうが、上位陣が外国人ジョッキーで独占です。

 2着にリアルインパクト、人気しすぎを嫌ったものの、やはり安定したレースをみせたリベルタス。
これらに敗れた1番人気サダムパテックは期待に応えられませんでした。
出遅れも道中の掛かり癖も込み承知で、中山ではきわどい勝負になるとは思っていました。
ただ、それでも地力が違うとみていましたが、案外な結果でした。

2010/12/19 2歳牡馬オープン 馬齢 指定 国際
施行コース
  • 11R
    中山
  • 芝1600m
    外・右回り

  • 見込み
コース図
外回りではあるが、高低差あり、直線坂ありの難コース。
外枠は不利で、内枠も包まれると苦しくなる。
馬柱
馬名 性齢 斤量 騎手
1 01   オースミイージー 牡2 55.0 渡辺 薫彦
1 02 リベルタス 牡2 55.0 福永 祐一
2 03 × マイネルラクリマ 牡2 55.0 松岡 正海
2 04   ブラウンワイルド 牡2 55.0 浜中 俊
3 05 リアルインパクト 牡2 55.0 F.ベリー
3 06   タガノロックオン 牡2 55.0 田辺 裕信
4 07   トキノゲンジ 牡2 55.0 安藤 光彰
4 08 リフトザウイングス 牡2 55.0 C.ルメール
5 09 ロビンフット 牡2 55.0 後藤 浩輝
5 10 サダムパテック 牡2 55.0 C.スミヨン
6 11   グランプリボス 牡2 55.0 M.デムーロ
6 12   シゲルソウサイ 牡2 55.0 幸 英明
7 13   エーシンブラン 牡2 55.0 蛯名 正義
7 14   マジカルポケット 牡2 55.0 安藤 勝己
8 15 × アドマイヤサガス 牡2 55.0 小牧 太
8 16   タツミリュウ 牡2 55.0 江田 照男
*騎手の赤字は乗り替わり
予想ペース
MS
ミドルスロー
短距離馬も混じる2歳戦。
それなりにペースは上がると思われる。
信頼度
B
軸信頼
明確な軸と相手も限られており、平穏決着濃厚。
3着ヒモ穴の可能性はあるが、絞り込みも必要。
予想本文 

 2歳牝馬はレーヴディソールの圧勝で終わった。
牡馬の方でも、来年クラシックを席巻するような大物が出現してほしいところ。
ディープインパクトとハーツクライの初年度産駒が数頭ずつ参戦し、レースを盛り上げてくれた。
サンデーサイレンスのお陰で今は父内国産馬が全盛。
どの種牡馬をみても、国内G1馬ズラリで、懐古の想いもひとしおだが、馬はともかく、人の方では外国人騎手が強すぎる。
主要ジョッキーの戦線離脱があったのも事実だが、そろそろ奮起してほしい。

 サンデーサイレンスの初年度産駒だったフジキセキ。
その産駒、サダムパテックの本命は仕方ないところか。
フジキセキ産駒というと、ダートや早熟のマイラータイプが目立つが、この馬はなかなかの傑物。
出世レースである東スポ杯を勝利し、またその勝ち方が凄かった。
出遅れ癖があり、道中はかかりっぱなしで気性も幼いが、トップスピードに入ってからの抜け出しは素晴らしい。
決して、起用さの要求される中山1600m向きのタイプではないが、今回のメンバーなら地力でどうにかできそうな情勢。
また、鞍上も今最も乗っているジョッキーだけに心強い。

 リアルインパクトの前走でのゴール前の伸び脚は見所があった。
追いづらい状況下、かつ、スローペースだったことを考えると上々の結果。
血統的にマイルはギリギリのような気もするが、前走では我慢が利いていたし、こなせる下地はある。
好枠を引いたこともあり、馬群をうまく捌ければ好結果は期待できそう。

 デビューが早く、早熟の嫌いはあるが、ロビンフットの堅実さは捨てがたい。
特に前走、京王杯で6着と敗れ、今回、人気が落ちているのが美味しい。
あのレースはかなりのスローペースで、後方馬にはかなり辛い展開だった。
それだけに、最後方からメンバー最速の上がりで、6着まで食い込んだ事はむしろ強調材料ではないだろうか。
非常に侮れない一頭に思える。

 早くからその素質の高さに注目が集まっていたリフトザウイングス
前走では本命馬と同タイムの上がりを披露し、その能力に疑いがないことを印象づけた。
強力な鞍上を得て、虎視眈々。
4番手の評価に留めてはいるが、その地力は上位と遜色はない。

 リベルタスも非常にまとまった完成度の高い馬。
得に内枠を引いたことも好感で、馬込み平気で高いセンスの持ち主だけに大崩れはなさそう。
スケールの点では、上位に一歩譲る印象があったが、意外にも高い人気。
その点は気に入らないが、やはり連下には怖い存在だ。

 中山コースにかわってやや警戒を強めたいのがマイネルラクリマ
先行しての粘りはなかなかのもので、後続がごちゃつくようだと前残りの可能性も。

 本来ならもう少し評価していいアドマイヤサガスだが、なんせ外枠が痛い。
それでも前走でみせた末脚は脅威で、ここも何とかしてくるかもしれない。

馬券と総評
推奨馬券 総評
3連単

1着ながし:

10→05,09,08,02,03,15
(30点)

2着ながし:
10→05,09,08,02,03,15
(30点)

 中山1600mでもやはりサダムパテックは信用したい。
それくらいインパクトのある前走の勝ち方だった。
では、その相手なのだが、これが実力伯仲で決めにくい。
3連単において2頭軸で勝負できるほど明確な相手を定められない。

 このコース設定だと、サダムパテックの3着という可能性も十分考えられる。
しかし、相手が決められない以上、サダムパテックの軸一頭1、2着ながしで勝負せざるを得ない。

このページの上部へ

Profile

bakusuinobitaです。
一応、「小心無用」がポータルページになっております。

About

中央競馬のG1レースのみを限定して適当な予想を書いております。

2010年より、本ブログスタイルに移行しましたが、それ以前のものは「PakaPakaParadise」においてあります。
もっと前のは公開してません。もう色々めんどくさくてあきらめました。

後、定番のご注意ですが、適当にやってる以上、色々間違いはきっとあるので、馬券購入の際などは主催者側の発表にてご確認下さい。

サイト内検索

月別アーカイブ

  1. 2020年6月 [5]
  2. 2020年5月 [9]
  3. 2020年4月 [6]
  4. 2020年3月 [2]
  5. 2020年2月 [2]
  6. 2020年1月 [1]
  7. 2019年12月 [8]
  8. 2019年11月 [7]
  9. 2019年10月 [7]
  10. 2019年9月 [1]
  11. 2019年6月 [4]
  12. 2019年5月 [9]
  13. 2019年4月 [6]
  14. 2019年3月 [4]
  15. 2019年2月 [1]
  16. 2019年1月 [1]
  17. 2018年12月 [9]
  18. 2018年11月 [7]
  19. 2018年10月 [6]
  20. 2018年9月 [1]
  21. 2018年6月 [5]
  22. 2018年5月 [8]
  23. 2018年4月 [6]
  24. 2018年3月 [3]
  25. 2018年2月 [2]
  26. 2017年12月 [10]
  27. 2017年11月 [7]
  28. 2017年10月 [6]
  29. 2017年9月 [1]
  30. 2017年7月 [1]
  31. 2017年6月 [4]
  32. 2017年5月 [8]
  33. 2017年4月 [7]
  34. 2017年3月 [2]
  35. 2017年2月 [2]
  36. 2017年1月 [1]
  37. 2016年12月 [8]
  38. 2016年11月 [6]
  39. 2016年10月 [7]
  40. 2016年7月 [1]
  41. 2016年6月 [4]
  42. 2016年5月 [8]
  43. 2016年4月 [6]
  44. 2016年3月 [1]
  45. 2016年2月 [2]
  46. 2016年1月 [1]
  47. 2015年12月 [8]
  48. 2015年11月 [6]
  49. 2015年10月 [7]
  50. 2015年6月 [4]
  51. 2015年5月 [9]
  52. 2015年4月 [5]
  53. 2015年3月 [2]
  54. 2015年2月 [2]
  55. 2014年12月 [8]
  56. 2014年11月 [8]
  57. 2014年10月 [6]
  58. 2014年6月 [5]
  59. 2014年5月 [9]
  60. 2014年4月 [5]
  61. 2014年3月 [2]
  62. 2014年2月 [1]
  63. 2013年12月 [7]
  64. 2013年11月 [8]
  65. 2013年10月 [6]
  66. 2013年9月 [1]
  67. 2013年6月 [4]
  68. 2013年5月 [8]
  69. 2013年4月 [6]
  70. 2013年3月 [2]
  71. 2013年2月 [2]
  72. 2012年12月 [8]
  73. 2012年11月 [7]
  74. 2012年10月 [7]
  75. 2012年9月 [1]
  76. 2012年6月 [5]
  77. 2012年5月 [7]
  78. 2012年4月 [6]
  79. 2012年3月 [2]
  80. 2012年2月 [2]
  81. 2012年1月 [1]
  82. 2011年12月 [8]
  83. 2011年11月 [6]
  84. 2011年10月 [9]
  85. 2011年7月 [1]
  86. 2011年6月 [4]
  87. 2011年5月 [8]
  88. 2011年4月 [5]
  89. 2011年3月 [3]
  90. 2011年2月 [2]
  91. 2010年12月 [8]
  92. 2010年11月 [7]
  93. 2010年10月 [7]
  94. 2010年6月 [4]
  95. 2010年5月 [10]
  96. 2010年4月 [4]
  97. 2010年3月 [2]
  98. 2010年2月 [2]

地方競馬購入(楽天競馬)

データ分析(KLAN)

Adsence