タグ「安田記念」の一覧

2019年6月2日(日) / 東京 1600m 芝・左 / 曇・良
サラ系3歳以上 / (国際)(指定) / オープン / 定量
レース結果
着 枠 馬番 印 馬名               性齢 斤 騎手    着差   人気
1[3] 5  △ インディチャンプ   牡4 58 福  永  1:30.9  4
2[1] 2  ☆ アエロリット       牝5 56 戸  崎  クビ    3
3[7] 14  ◎ アーモンドアイ     牝4 56 ルメー  ハナ    1
4[3] 6     グァンチャーレ     牡7 58 松  岡  1.1/2   13
5[2] 4  △ サングレーザー     牡5 58 岩田康  ハナ    6
6[4] 7     モズアスコット     牡5 58 坂  井  クビ    7
7[1] 1     ケイアイノーテック 牡4 58   幸    1/2     10
8[4] 8  ☆ ステルヴィオ       牡4 58 レーン  ハナ    5
9[8] 16     ロジクライ         牡6 58   武    1/2     11
10[7] 13  ☆ ペルシアンナイト   牡5 58 デムー  2.1/2   8
11[2] 3     サクラアンプルール 牡8 58 横山典  1/2     15
12[6] 12     ロードクエスト     牡6 58 石  川  ハナ    16
13[5] 9     スマートオーディン 牡6 58 池  添  3/4     12
14[5] 10     フィアーノロマーノ 牡5 58 北村友  1/2     9
15[6] 11     エントシャイデン   牡4 58 田  辺  1/2     14
16[8] 15  ○ ダノンプレミアム   牡4 58 川  田  4      2
  
払戻金 単勝 5 1920円
    複勝 5 290円 / 2 240円 / 14 110円
    枠連 1-3 4010円
    馬連 2-5 5670円 / 馬単 5-2 13660円
    3連複 2-5-14 3690円 / 3連単 5-2-14 43720円
    ワイド 2-5 1460円 / 5-14 600円 / 2-14 470円
  

感想と言い訳?!

 2強が並んで外枠発送に懸念がなかったわけではありませんが…
 スタート後、ロジクライが大きく斜行、大きく煽りをくったダノンプレミアムは後方からのレースとなり、アーモンドアイも影響を受けました。そしてレースはやはり前が止まらない。逃げ粘るアエロリットをインディチャンプが差し切りを決めました。

  絶望的なポジションから追い上げたアーモンドアイはさすがですが、それでもここの敗戦は予想外。ダービーに続いて大本命が敗れるという結果になってしまいました。

2019/6/2 4歳以上オープン 定量 指定 国際
施行コース
  • 11R
    東京 C
  • 芝1600m
    左回り

  • 見込み
直線長く、コースも広いマギレの生じにくいコース体系。マイル以上もある程度こなせるスタミナも要求される。脚質は差し馬有利も極端な追い込みは厳しい。また、外差しも決まりにくく、内枠が望ましい。
馬柱
馬名 性齢 斤量 騎手
1 01   ケイアイノーテック 牡4 58.0
1 02   アエロリット 牝5 56.0 戸崎圭
2 03   サクラアンプルール 牡8 58.0 横山典
2 04 サングレーザー 牡5 58.0 岩田康
3 05 インディチャンプ 牡4 58.0 福永
3 06   グァンチャーレ 牡7 58.0 松岡
4 07   モズアスコット 牡5 58.0 坂井
4 08   ステルヴィオ 牡4 58.0 レーン
5 09   スマートオーディン 牡6 58.0 池添
5 10 フィアーノロマーノ 牡5 58.0 北村友
6 11 エントシャイデン 牡4 58.0 田辺
6 12   ロードクエスト 牡6 58.0 石川
7 13   ペルシアンナイト 牡5 58.0 Mデムーロ
7 14 アーモンドアイ 牝4 56.0 ルメール
8 15 ダノンプレミアム 牡4 58.0 川田
8 16   ロジクライ 牡6 58.0 武豊
*◎:本命 ○:対抗 ▲:単穴 △:穴 ☆:注意
は騎手乗り替わり
予想ペース
M
ミドル
02の逃げペースは速いが、単騎逃げとなれば、多少は落ち着く。それでも差し馬有利はかわらぬか。
信頼度
B
軸馬信頼
本命馬に不安要素がないわけではないが、それを介在させない圧倒的な実績。ここは負けられない。
予想本文 

~ 牡牝4歳世代最強決戦 ~
 牝馬だけでなく、牡馬を含めた世代、いや全世代最強馬といえるアーモンドアイ。それに対し、4歳牡馬の方ではまだトップとは名乗れないが、順調ならその立場だったかもしれないダノンプレミアム。両馬の激突を多士済々のG1ホースが取り巻く興をそそる一戦。

 現材料で逆らう要素はないアーモンドアイ。ドバイでの完勝は文句のつけようもないが、国内戦は昨秋以来となる。それも桜花賞以来のマイル戦。その点不安要素には違いないが、このタイミングで主戦が間に合ったのは大きい。マイル専科の相手でも、紛れ少ない東京コースなら負けられない。

 相手も素直にダノンプレミアムを信頼。敗れたダービーから慎重すぎるとも言えるローテでここに照準。復帰戦、マイル戦と、順調に課題をこなし、結果を出してきたことも好感。ここで、現役最強馬に土をつけることができれば復権は確固たるものになる。

 3番手には連勝中のフィアーノロマーノを買う。ここはチャレンジャーの立場となるが、時計的な裏付けはある。長くいい脚を使えるタイプで今の高速馬場の東京には合いそう。未知の魅力に惹かれる。

 前走4着と敗れはしたがその差は僅か。インディチャンプは東京コースでの変わり身は見込めるはず。比較的前目につけることのできる差し馬で速い上がりを持っている。東京コースでの重賞勝ちはやはり光る。

 前走大敗も言い訳は効く敗戦のサングレーザー。2戦目でもあり、それまでの実績を考えると、侮れない存在。やはり今の東京はディープ産駒は怖い。

 得意距離に戻ったステルヴィオ。東京コースもプラス。巻き返しの下地は揃っている。鞍上も魅力だ。

 東京マイル戦ではとにかく強いアエロリット。うまくペースに乗れた時の強さは周知の通り。

 近走振るわぬものの、G1ホース、ペルシアンナイトの底力にも一応、注意を払っておきたい。

馬券と総評
推奨馬券 総評
3連単
1着ながし:

14
→15,10,05,04,08,02,03
(42点)
純粋に力関係だけなら、アーモンドアイとダノンプレミアムの2強の争い。ただ、アーモンドは自身の競馬に徹する事に対し、ダノンはやはり挑戦者の立場、一か八かの戦いを強いられることもあり、両雄並び立たない展開もありえる。ここは、固くともアーモンドの3連単、1着ながし。ダノンがらみは厚めに抑えたいところ。
2018年6月3日(日) / 東京 1600m 芝・左 / 晴・良
サラ系3歳以上 / (国際)(指定) / オープン / 定量
レース結果
着 枠 馬番 印 馬名               性齢 斤 騎手    着差   人気
1[5] 10     モズアスコット   牡4 58 ルメー  1:31.3  9
2[2] 4  ☆ アエロリット    牝4 56 戸 崎  クビ    5
3[1] 1  ◎ スワーヴリチャード 牡4 58 デムー  3/4     1
4[1] 2  ☆ サトノアレス    牡4 58 蛯 名  1/2     7
5[8] 15  ▲ サングレーザー   牡4 58 福 永  クビ    3
6[3] 5  △ ペルシアンナイト  牡4 58 川 田  1.1/4   2
7[8] 16     ウインガニオン   牡6 58 津 村  2      14
8[7] 14  ○ リスグラシュー   牝4 56  武   クビ    6
9[5] 9     レッドファルクス  牡7 58 田 辺  クビ    8
10[4] 7     ウエスタンエクスプ セ6 58 クリッ  1.1/4   11
11[4] 8  ☆ キャンベルジュニア 牡6 58 石 橋  1/2     10
12[3] 6     レーヌミノル    牝4 56 和 田  3/4     15
13[6] 12     ヒーズインラブ   牡5 58 藤岡康  1      12
14[2] 3     ダッシングブレイズ 牡6 58 北村宏  アタマ  16
15[6] 11     リアルスティール  牡6 58 岩 田  アタマ  4
16[7] 13     ブラックムーン   牡6 58 秋 山  アタマ  13
  
払戻金 単勝 10 1570円
    複勝 10 410円 / 4 290円 / 1 160円
    枠連 2-5 4170円
    馬連 4-10 7370円 / 馬単 10-4 15290円
    3連複 1-4-10 6560円 / 3連単 10-4-1 63280円
    ワイド 4-10 2100円 / 1-10 1020円 / 1-4 680円
  

感想と言い訳?!

 なんか印象としては、ルメールが無理やり勝ってしまったという感じもなくなないですが、連闘で挑んだモズアスコットが、前をいくアエロリットを捉えての勝利。1番人気、スワーヴリチャードは敗れはしましたが、3着死守するあたりさすがです。

 期待したリスグラシューは展開不向きということもあったものの、マイルならもう少しやれると踏んでいたのですが、牡馬の壁は厚かった…ということですかね。

2018/6/3 3歳以上オープン 定量 指定 国際
施行コース
  • 11R
    東京 C
  • 芝1600m
    左回り

  • 見込み
直線長く、コースも広いマギレの生じにくいコース体系。マイル以上もある程度こなせるスタミナも要求される。脚質は差し馬有利も極端な追い込みは厳しい。また、外差しも決まりにくく、内枠が望ましい。
馬柱
馬名 性齢 斤量 騎手
1 01 スワーヴリチャード 牡4 58.0 Mデムーロ
1 02 サトノアレス 牡4 58.0 蛯名
2 03   ダッシングブレイズ 牡6 58.0 北村宏
2 04 アエロリット 牝4 56.0 戸崎圭
3 05 ペルシアンナイト 牡4 58.0 川田
3 06   レーヌミノル 牝4 56.0 和田
4 07   ウエスタンエクスプレス セ6 58.0 クリッパー
4 08 キャンベルジュニア 牡6 58.0 石橋脩
5 09   レッドファルクス 牡7 58.0 田辺
5 10   モズアスコット 牡4 58.0 ルメール
6 11 リアルスティール 牡6 58.0 岩田
6 12   ヒーズインラブ 牡5 58.0 藤岡康
7 13   ブラックムーン 牡6 58.0 秋山
7 14 リスグラシュー 牝4 56.0 武豊
8 15 サングレーザー 牡4 58.0 福永
8 16   ウインガニオン 牡6 58.0 津村
*◎:本命 ○:対抗 ▲:単穴 △:穴 ☆:注意
は騎手乗り替わり
予想ペース
S
スロー
マイル戦ながら、流れはスロー。今の東京は差しが辛い傾向で、さらに先行有利に拍車がかかる。
信頼度
C
混戦
粒ぞろいのメンバーではあるが、混戦模様。展開も大きく影響しそう。
予想本文 

~ スプリント王 VS マイル王 VS 中距離王 ~
 中距離馬、短距離馬双方が活躍できる舞台であるマイル戦。スプリント、マイルの両G1馬が揃い、加えて2000mの大阪杯覇者も参戦してマイル戦線は活気づいてきた。大阪杯のG1昇格の好影響と言えよう。

 スワーヴリチャードは本来、右回りではモタれ癖がある。それにも関わらず、大阪杯を制した。今回、初のマイル戦とはなるが、それは些細な問題であり、左回りである東京コースであることの方が遥かに大きいメリット。最内枠を利して出遅れることなく、前で競馬を進めてほしいところ。折り合い面も課題があるが、このあたりは鞍上の手腕に期待したい。

 混戦メンバーではあるが、マイルならリスグラシューは牡馬相手でも十分通用する実力がある。前が残る傾向のある東京コースだけに、差し届かない懸念はあるが、確実な末脚で差し込んでくるのは間違いなく、これまでの実績から、3位入線を考えた場合には信頼度が高い。

 前走のマイラーズCを快勝のサングレーザー。直線の末脚は見事で、短距離戦での高い適性を見せつける内容だった。叩き2走目の今回はさらに好走への期待がかかるが、気になるのはやはり初の東京コース。直線の長いコースではあるがあまり悠長にもしていられない。

 昨年はドバイから戻って迎えたこのレースで大敗を喫したリアルスティール。だからといってこのレースには向いてないと断じるのは早計だろう。国内レースは久々ゆえに、不安がないわけではないが、馬も大人になったことだろうし、元来折り合い難を抱えるだけに早い流れは歓迎のはず。

 G1 2着2回のマイルCS馬ペルシアンナイト。実績的には申し分なく、当然このメンバーなら胸を張れるはずではあるが、東京マイル戦となると少し不安もある。成績的にもムラがあるタイプなので、ここは少し控えめに考えたい。

 落鉄がありながら前走ヴィクトリアマイルでの好走が光るアエロリット。今回はハナを切る形も考えられるが、先行有利の舞台で一発も。

 直一気型の末脚が展開的に気になるが、サトノアレスは瞬発力に優れた典型的なディープ産駒。ひと叩きを経て状態も上向き。

 ことマイラーとしての純度ならキャンベルジュニア。相手は揃うが、得意距離で楽しみの方が大きい。

馬券と総評
推奨馬券 総評
3連単
軸2頭マルチ:

01=14
→15,11,05,04,02,08
(36点)

01=15
→14,11,05,04,02,08
(36点)
最内枠が気になるものの、やはりスワーヴリチャードの軸が妥当なところ。ただ、相手候補はかなり悩みどころではあるが、マイル戦での安定感を買ってリスグラシューを抜擢。馬券はこの2頭の3連単マルチながし。できればサングレーザーからも押さえておきたい。
2017年6月4日(日) / 東京 1600m 芝・左 / 晴・良
サラ系3歳以上 / (国際)(指定) / オープン / 定量
レース結果
着 枠 馬番 印  馬名               性齢 斤 騎手    着差   人気
1[7] 14  ☆  サトノアラジン   牡6 58 川 田  1:31.6  7
2[8] 16      ロゴタイプ     牡7 58 田 辺  クビ    8
3[3] 6  △  レッドファルクス  牡6 58 デムー  クビ    3
4[4] 7      グレーターロンドン 牡5 58 福 永  クビ    6
5[4] 8  ◎  エアスピネル    牡4 58  武   クビ    2
6[6] 12  △  ビューティーオンリ セ6 58 パート  1/2     9
7[8] 18  ▲  ステファノス    牡6 58 戸 崎  クビ    4
8[7] 15  ○  イスラボニータ   牡6 58 ルメー  1/2     1
9[5] 10      クラレント     牡8 58 岩 田  クビ    14
10[3] 5  ☆  コンテントメント  セ7 58 モレイ  2.1/2   12
11[5] 9     Bロンギングダンサー 牡8 58 横山和  アタマ  18
12[2] 3      サンライズメジャー 牡8 58 池 添  2.1/2   17
13[1] 2      ディサイファ    牡8 58 四 位  クビ    15
14[7] 13      ロジチャリス    牡5 58 内 田  クビ    13
15[2] 4  ☆  アンビシャス    牡5 58 横山典  3/4     5
16[8] 17      ヤングマンパワー  牡5 58 松 岡  1.1/4   11
17[1] 1      トーキングドラム  牡7 58 石 橋  アタマ  16
18[6] 11      ブラックスピネル  牡4 58 松 山  3.1/2   10
  
払戻金 単勝 14 1240円
    複勝 14 380円 / 16 440円 / 6 340円
    枠連 7-8 590円
    馬連 14-16 10480円 / 馬単 14-16 20410円
    3連複 6-14-16 43500円 / 3連単 14-16-6 283000円
    ワイド 14-16 2870円 / 6-14 2730円 / 6-16 2720円
  

感想と言い訳?!

 予想より早い流れになり、サトノアラジンには絶好の流れ。見事な差し切りで勝利を収めました。しかし、真の主役は2着のロゴタイプ。自ら早い流れを演出し、しかもその中での見事な粘り腰。まだまだ力のあるところを見せてくれました。

 一方で1番人気イスラボニータは、この早い流れが合わなかったか、先行しながらもごちゃついてしまい、力を発揮できませんでした。何より相手がマイラーズカップの時とは違ってましたね。

 また、今回本命のエアスピネルですが、正直に言ってかなり自信を持ってました。敗れることはあっても複勝圏内は確実と思っていただけに、ダメージ大でした。おあつらえ向きの流れになり、前が詰まらなければ、余裕で勝てたような気もしましたので、尚更応えます。お陰で全くかすりもしない一戦になりました。(´Д⊂

2017/6/4 4歳以上オープン 定量 指定 国際
施行コース
  • 11R
    東京 C
  • 芝1600m
    左回り

  • 見込み
直線長く、コースも広いマギレの生じにくいコース体系。マイル以上もある程度こなせるスタミナも要求される。脚質は差し馬有利も極端な追い込みは厳しい。また、外差しも決まりにくく、内枠が望ましい。
馬柱
馬名 性齢 斤量 騎手
1 01   トーキングドラム 牡7 58.0 石橋脩
1 02   ディサイファ 牡8 58.0 四位洋文
2 03   サンライズメジャー 牡8 58.0 池添謙一
2 04 アンビシャス 牡5 58.0 横山典弘
3 05 コンテントメント セ7 58.0 モレイラ
3 06 レッドファルクス 牡6 58.0 M.デムーロ
4 07   グレーターロンドン 牡5 58.0 福永祐一
4 08 エアスピネル 牡4 58.0 武豊
5 09   ロンギングダンサー 牡8 58.0 横山和生
5 10   クラレント 牡8 58.0 岩田康誠
6 11   ブラックスピネル 牡4 58.0 松山弘平
6 12 ビューティーオンリー セ6 58.0 パートン
7 13   ロジチャリス 牡5 58.0 内田博幸
7 14 サトノアラジン 牡6 58.0 川田将雅
7 15 イスラボニータ 牡6 58.0 ルメール
8 16   ロゴタイプ 牡7 58.0 田辺裕信
8 17   ヤングマンパワー 牡5 58.0 松岡正海
8 18 ステファノス 牡6 58.0 戸崎圭太
*◎:本命 ○:対抗 ▲:単穴 △:穴 ☆:注意
は騎手乗り替わり
予想ペース
Ms
ミドルスロー
G1戦らしく、ある程度流れると見るが、積極的に出る馬がなく、超スローの可能性もあり、時計的に劣る馬でも通用する展開も。
信頼度
D
波乱内在
抜けた本命馬の不在の上、海外参戦組も加わり、混戦模様。過去の傾向からも荒れる傾向。
予想本文 

~ 4週連続G1勝利?! ~
 過去、幾多の名手と呼ばれるジョッキーがいても、4週連続でG1勝利した例は皆無。気がつけばG1 3連勝を成し遂げたルメール騎手。1番人気が予想されるイスラボニータ騎乗で大記録に挑む。

 しかし、本命にはエアスピネルを推す。昨年のクラシック3冠をいずれも好走してみせたが、気性的にもやはりマイル戦が最も信頼できる。事実この距離では3着以下なしの実績。前走でイスラボニータとの競り合いには敗れたが、上がり32秒台の脚で自身の状態に問題はない。連軸としての意味合いも強いが、東京マイル戦なら、その安定感は最も高いはず。世代が違えばここまでG1未勝利ということもなかっただろう。同世代のライバルがいないこの舞台で勲章を得てほしい。

 そのエアスピネルに前哨戦で競り落としたイスラボニータがやはり当面の相手。G1連勝記録のかかる鞍上だが、その実現の可能性を濃厚にする実力馬。昨年のこのレースでは折り合いも欠き、今ひとつの結果に終わったが、その後順調なステップを踏み、一回り成長を見せてのリベンジ。特に前走はスローペースの中、しっかりと相手を見定めて競り落とした点は好感が持てる内容。脚質的にも安定した競馬ができるはずだ。

 モーリスや、キタサンブラックなど名だたる強豪と差のない勝負をしてきたステファノス。この馬もG1未勝利であることは疑問に思えるほどの地力の持ち主。持続力ある末脚が使え、脚質的な自在性も持つ。前走大阪杯ではキタサンブラックの2着で、2走前の金鯱賞大敗の不安も一掃。ここでの再度期待を抱かせる好内容だった。

 東京マイル戦は中距離馬でないと難しいと言われていたが、近年のこのレースではスプリンターが活躍。その傾向を汲めば、スプリントG1覇者であるレッドファルクスは大きくクローズアップされてくる。香港で大敗後、一応の面目を保った高松宮記念の3着だったが、京王杯を制したことで、すっかり調子も取り戻した感。逆に使い詰めの点が気になるが、今回のマイル戦は不安より、どんなレースをするかの楽しみの方が大きい。

 香港からはビューティオンリー。モーリスが抜けた現日本馬勢のレベルがはっきりしていないだけに、やはり海外参戦馬はマークが必要。逆に中心視してしまう危険性もあるため、この評価どまりとしたが、日本の芝や早い流れにも対応できそうで、決して侮れぬ存在だろう。左回りが初となるが、それほど気にする必要もなさそうだ。

 アンビシャスはここのところは後ろからの競馬が続いている。脚を余しての敗戦もあり、着順を鵜呑みにもできない。今回はある程度前で競馬をしてほしい。G1上位の地力馬だけにこのメンバーならチャンスは十分。

 香港マイルの看板をもつビューティーオンリーが人気だが、コンテントメントは前走で同馬に土を着けた。こちらは日本競馬の対応に未知の部分は多いが、混戦向きで一応は押さえておきたい。

 この辺りはどの馬も取捨に迷うが、最後の1頭はサトノアラジン。前走は1番人気を裏切る散々な結果も、休養明け一叩きの復調に望みを託したい。昨年のこのレースも脚を余し気味の4着で、力は十分に備えている。

馬券と総評
推奨馬券 総評
3連単
軸2頭マルチ:

08=15
→18,06,12,04,05,14
(36点)

08=18
→15,06,12,04,05,14
(36点)
モーリスが抜け、やや空洞化した感もあるマイル戦線。それゆえに海外参戦組が怖い所があるが、とにかくマイル戦ならエアスピネルを信頼したい。アタマまでは強気になれないが、馬券対象から外れる可能性は低いとみて、この馬を軸とした馬券戦略を組みたい。ただ、軸一頭で勝負できるほど、相手の絞り込むことは難しく、何頭か相手を替えての3連単2頭軸マルチ流しで手広くいくのが妥当なところか。
2016年6月5日(日) / 東京 1600m 芝・左 / 晴・良 サラ系3歳以上 / (国際)(指定) / オープン / 定量
レース結果
着 枠 馬番 印 馬名               性齢 斤 騎手    着差   人気
1[5] 6     ロゴタイプ     牡6 58 田 辺  1.33.0  8
2[6] 8  ○ モーリス      牡5 58 ベリー  1.1/4   1
3[7] 10  ☆ フィエロ      牡7 58 内 田  ハナ    6
4[6] 7  ▲ サトノアラジン   牡5 58 川 田  クビ    3
5[7] 9  △ イスラボニータ   牡5 58 蛯 名  1/2     4
6[4] 4     ディサイファ    牡7 58 武 豊  ハナ    7
7[2] 2     ダノンシャーク   牡8 58 岩 田  1/2     11
8[1] 1     クラレント     牡7 58 小 牧  1/2     10
9[3] 3  ☆ ロサギガンティア  牡5 58 Mデム  クビ    5
10[8] 12     レッドアリオン   牡6 58 川 須  1.1/4   12
11[8] 11  ◎ リアルスティール  牡4 58 福 永  1.1/4   2
12[5] 5     コンテントメント  セ6 58 プレブ  2      9
  
払戻金 単勝 6 3690円
    複勝 6 520円 / 8 130円 / 10 450円
    枠連 5-6 1200円
    馬連 6-8 3230円 / 馬単 6-8 11580円
    3連複 6-8-10 14990円 / 3連単 6-8-10 153560円
    ワイド 6-8 1130円 / 6-10 4820円 / 8-10 840円
  

感想と言い訳?!

 予想以上にペースは遅くなり、ロゴタイプがまんまと逃げ切ってしまいました。いや、この場合はまんまという表現は適切ではないですね。ある程度この展開は予想されていて、当然ロゴタイプに考えは及んではいましたが、それでも勝つことはないだろうと侮ってました。人馬ともよく頑張りました。

 モーリスは敗れてしまい、連勝ストップ。ただ、さすがの貫禄はみせたといっていいでしょう。以下もおよそ人気馬決着となりました。が!!!予想外はリアルスティール。前半のスローでかかってはいたようですが、スローと行っても短距離レースでのもの。ここまで大敗するとは意外でした。

2016/6/5 3歳オープン 定量 指定 国際
施行コース
  • 11R
    東京 C
  • 芝1600m
    左回り

  • 見込み
直線長く、コースも広いマギレの生じにくいコース体系。マイル以上もある程度こなせるスタミナも要求される。脚質は差し馬有利も極端な追い込みは厳しい。また、外差しも決まりにくく、内枠が望ましい。
馬柱
馬名 性齢 斤量 騎手
1 01   クラレント 牡7 58.0 小牧太
2 02   ダノンシャーク 牡8 58.0 岩田康誠
3 03 ロサギガンティア 牡5 58.0 M.デムーロ
4 04   ディサイファ 牡7 58.0 武豊
5 05   コンテントメント セ6 58.0 プレブル
5 06   ロゴタイプ 牡6 58.0 田辺裕信
6 07 サトノアラジン 牡5 58.0 川田将雅
6 08 モーリス 牡5 58.0 ベリー
7 09 イスラボニータ 牡5 58.0 蛯名正義
7 10 フィエロ 牡7 58.0 ルメール
8 11 リアルスティール 牡4 58.0 福永祐一
8 12   レッドアリオン 牡6 58.0 川須栄彦
*◎:本命 ○:対抗 ▲:単穴 △:穴 ☆:注意
は騎手乗り替わり
予想ペース
MS
ミドルスロー
積極的に引く馬もなく、直線の長さも手伝ってゆったりとした流れの見込み。上がりの競馬の公算が高く、ある程度前につける必要がある。
信頼度
B
順当
広いコースでの少数頭のため、極端な波乱の可能性は低い。
予想本文 

~ マイル王凱旋 ~
 盛り上がった日本ダービーから一転、12頭と少ないメンバー構成となった安田記念。昨年このレースを制し、世界レベルのマイル王へと成長したモーリスの凱旋レースとなる。迎え撃つメンバーは数こそ少ないものの、精鋭揃い。連覇なるか、ならざるかが注目。

 その大本命馬を差し置いて、リアルスティールを本命に据えてみる。もはやマイルに敵なしのモーリスに土をつけるなら別路線組だろう。ならば、3冠レースで常に中心にいたこの馬をおいてない。海外で待望のG1を獲ったが、やはり国内G1未勝利は受け入れられないはず。ここが未知の距離であることは承知の上での本命視。海外帰りだが栗東でじっくり調整はできており、不器用なタイプでもあるので、少数頭の東京コースはうってつけ。素直に地力勝負できる点に賭けてみたい。

 海外含むG1 4連勝中のマイル王、モーリス。ここは負けられぬ一戦とはなるが、不安要素もないわけではない。鞍上手替わりはもちろんだが、それより海外帰りゆえの調整過程がいつもと異なる点。東京コースでの追い切り内容に問題はなく、依然好調をキープしているとも思えるが、その微妙な変化が有形無形の影響を及ぼす不安は残る。ただ、多少骨っぽい相手とはいえ、この少数頭で紛れの少ない展開ならそうそう崩れるとも思えない。当然勝ち負けの存在には違いない。

 サトノアラジンは目下絶好調。これまでもマイル前後の中距離では、ずば抜けた末脚を武器に、常に上位を賑わしてきたが、前走で完全覚醒の感。直一気の脚質的なリスクはあるが、今の状態なら確実な差し込みが期待できるだろう。前走から距離が伸びるが、むしろマイルの方がこの馬にとっては、競馬がしやすいはず。ダービー制覇で勢いづく鞍上は、モーリスとも旧知の仲。彼我の差を知っている点も強み。

 ここのところ精彩を欠くイスラボニータだが、毎日王冠、天皇賞・秋での実績からも、やはり東京コースとなると怖さが増す。先行馬のイメージも強いが、早い上がりも使える自在型。どのような展開でも対応できることは強み。距離短縮も折り合い面の不安がなくなる分、メリットの方が大きい。

 なかなか勝ち切れないが、フィエロもマイル戦線では安定勢力の一角を担う古豪。7歳という年齢から、間を空けた復帰戦は注目だったが、1番人気を裏切る結果。ただ、そこまで悲観する内容でもなく、ひと叩きの上積みがどこまで期待できるかにもよるものの、大きな衰えは感じない。鞍上強化も魅力で、馬券対象からは外しにくい。

 少々取捨に迷うのがロサギガンティア。東京コースは得意といえる舞台で、マイルにも実績はある。調教も特に問題なくこなしてはいる。前走でサトノアラジンとの勝負付けが済んでいる分、人気的には今ひとつ。鞍上頼みの一面もあるが、その割に旨味も大きい。

馬券と総評
推奨馬券 総評
3連単
軸2頭マルチ:

11=08
→07,09,10,03
(24点)
少数頭ゆえ、馬券戦略が難しい。東京コースでもあり、素直に地力を信頼したいところだが、配当を考えると絞り込みも必要。適距離でない分、不安も伴うが、リアルスティールの地力を信頼して本命に据えた。ダントツ人気のモーリスだが、複勝圏内に外れることも考えにくく、馬券はこの2頭からの3連単2頭軸マルチが妥当か。ただ、金額には差をつけたいところ。
2015年6月7日(日) / 東京 1600m 芝・左 / 晴・良 サラ系3歳以上 / (国際)(指定) / オープン / 定量
レース結果
着 枠 馬番 印  馬名               性齢 斤 騎手    着差   人気
1[3] 6  ▲  モーリス      牡4 58 川 田  1:32.0  1
2[7] 13  ○  ヴァンセンヌ    牡6 58 福 永  クビ    3
3[6] 12      クラレント     牡6 58 田 辺  1.1/4   12
4[5] 10  ◎  フィエロ      牡6 58 戸 崎  1.1/2   2
5[8] 15     Bケイアイエレガント 牝6 56 吉田豊  3/4     11
6[6] 11  ☆  ブレイズアトレイル 牡6 58 ルメー  アタマ  17
7[8] 16      カレンブラックヒル 牡6 58 武 豊  ハナ    9
8[4] 8      レッドアリオン   牡5 58 川 須  3/4     7
9[8] 17      エキストラエンド  牡6 58 蛯 名  クビ    16
10[1] 2  △  ダノンシャーク   牡7 58 岩 田  ハナ    5
11[1] 1  ☆  サンライズメジャー 牡6 58 池 添  クビ    10
12[5] 9      リアルインパクト  牡7 58 内 田  1/2     6
13[7] 14      サトノギャラント  牡6 58 柴 山  クビ    14
14[2] 4      メイショウマンボ  牝5 56 武 幸  クビ    15
15[3] 5  ☆  ミッキーアイル   牡4 58 浜 中  クビ    4
16[2] 3  △  ダイワマッジョーレ 牡6 58 Mデム  ハナ    8
17[4] 7      サクラゴスペル   牡7 58 横山典  1/2     13
  
払戻金 単勝 6 370円
    複勝 6 210円 / 13 240円 / 12 740円
    枠連 3-7 990円
    馬連 6-13 1740円 / 馬単 6-13 2680円
    3連複 6-12-13 40690円 / 3連単 6-13-12 127190円
    ワイド 6-13 910円 / 6-12 4590円 / 12-13 4030円
  

感想と言い訳?!

 予想通りペースは緩くなり、上位人気決着となりましたが、人気薄クラレントが3着入着で波乱となりました。勝ったのは1番人気に応えたモーリス。まだ4歳馬。今後の活躍が楽しみです。

 馬券はなんとも、悔しい負けとなりました。フィエロ-ヴァンセンヌ、フィエロ-モーリスで3連単マルチながしで、クラレントも押さえていました。痛恨の3角買い漏れで、この負け方が一番堪えます。しかもフィエロは4着だし!w 直線でちょっと窮屈になってましたね。ま、どーせそんなに配当も着かないだろうと思ったんですが、12万もついとるやんけ。

2015/6/7 3歳オープン 定量 指定 国際
施行コース
  • 11R
    東京 C
  • 芝1600m
    左回り

  • 見込み
コース図
直線長く、コースも広いマギレの生じにくいコース体系。マイル以上もある程度こなせるスタミナも要求される。脚質は差し馬有利も極端な追い込みは厳しい。また、外差しも決まりにくく、内枠が望ましい。
馬柱
馬名 性齢 斤量 騎手
1 01 サンライズメジャー 牡6 58.0 池添謙一
1 02 ダノンシャーク 牡7 58.0 岩田康誠
2 03 ダイワマッジョーレ 牡6 58.0 M.デム
2 04   メイショウマンボ 牝5 56.0 武幸四郎
3 05 ミッキーアイル 牡4 58.0 浜中俊
3 06 モーリス 牡4 58.0 川田将雅
4 07   サクラゴスペル 牡7 58.0 横山典弘
4 08   レッドアリオン 牡5 58.0 川須栄彦
5 09   リアルインパクト 牡7 58.0 内田博幸
5 10 フィエロ 牡6 58.0 戸崎圭太
6 11 ブレイズアトレイル 牡6 58.0 ルメール
6 12   クラレント 牡6 58.0 田辺裕信
7 13 ヴァンセンヌ 牡6 58.0 福永祐一
7 14   サトノギャラント 牡6 58.0 柴山雄一
8 15   ケイアイエレガント 牝6 56.0 吉田豊
8 16   カレンブラックヒル 牡6 58.0 武豊
8 17   エキストラエンド 牡6 58.0 蛯名正義
*◎:本命 ○:対抗 ▲:単穴 △:穴 ☆:注意
は騎手乗り替わり
予想ペース
M
ミドル
16が外からハナをとれば、そうペースは上がらない。後方待機馬も多く、例年トコとなり、道中は少し落ち着きそう。
信頼度
D
混戦
本命不在の混戦模様。展開一つでどの馬にもチャンスはある。
予想本文 

~ 波乱はハイペースゆえ? ~
 ここ数年、安田記念は波乱続き。旧来より荒れるレースではあるが、ここ5年で4回も2桁人気が連がらみ。また、一方で例年ハイペースとなっており、後方からの差し込みも目立っている。今年はメンバー的にもやや落ち着いたペースとなりそうだが、それでも波乱が起きるだろうか。

 昨年は不本意な結果もやはりフィエロは現行マイル戦線の安定勢力の最右翼。前走マイラーズCは休養明けながら狭い内を割っての急追の2着。十分収穫のある内容で、叩き2走目でこの舞台への準備は整ったとみていいだろう。4歳勢との力関係はともかく、他メンバーの中では実力上位の存在。海外遠征を挟んだとはいえ、1年以上勝利がなく、今度こそすっきり勝利してほしい。

 フラワーパークの仔、ヴァンセンヌ。速い時計の裏付けがない事が懸念されるが、その点は単に馬場の影響もあったりで、未経験な部分ともいえる。また、そもそも今回はそのペースもやや落ち着く可能性もある。前走の2着は後方から32秒台の脚で追い上げたもの。スローの展開だったとはいえ、一皮剥けた内容で見どころがあった。これでさらなるステップアップとなるこの舞台でも大仕事をやってのける期待も高まった。

 3連勝で勢いの増す4歳馬、モーリス。前走は坂で後続を一気に突き放す圧勝を見せ、地力はこのG1舞台のメンバーでもトップクラスだろう。ここもあっさり勝ちきる可能性も高い。ただ、それでもまだ抜きんでたものではなく、ちょっと人気しすぎの感があり、東京コースの実績がない点も気になるところ。かなり落ち着いてきたとはいえ、気性的な不安もあり、少し評価を下げた。

 前回の大敗で人気落ちのダイワマッジョーレは狙い目。短い距離での出遅れが響いて敗戦が続いて続いてはいるが、末はしっかりしている。もともと中距離にも実績のある馬でスタミナ不安はなく、むしろそろそろマイルに戻って化けそうな雰囲気もある。

 7歳でも昨年のマイルCS馬、ダノンシャークはやはり脅威。挫跖で一頓挫あっての休養明けとなるが、調教を見る限りその不安は杞憂に終わりそう。時々のポカのある馬ゆえ今ひとつ人気が着いてこないが、内枠を引いた今回、好走があっても驚けない。

 最内サンライズメジャーもチャンスあり。比較的有力馬に差し馬が揃っており、内の先行馬は有利。左回りの東京コースの実績に少々不安も、マイル戦はお手の物。無様な競馬はしないはず。

 控える競馬ができるようになってきたミッキーアイル。それでもまだ行きたがる面は変わらず、マイルに戻るとやはり不安も伴う。とはいえ、4歳ながらその能力は証明済みの実績馬。押さえには必要。

 荒れる安田記念で波乱を起こす人気薄の馬も前走大敗は少ない。そういう意味ではブレイズアトレイルは怖い存在。鞍上強化も後押し要素で穴で一考。

馬券と総評
推奨馬券 総評
3連単
軸2頭マルチ:

10=13
→06,03,02,01,05,11
(36点)

10=06
→13,03,02,01,05,11
(36点)
各馬の力関係が均衡しており、なかなか自信持っての軸を決めきれない。4歳2騎が魅力的に映ったのは事実だが、全幅の信頼を寄せるには至らなかった。ここは既成勢力の古馬実績馬、フィエロを軸としておきたい。軸一頭で勝負したいところだが、このレースはヒモ荒れ要素も強いため、やはり2番軸も決めて手広く攻めたい。相手をヴァンセンヌ、モーリスと変えて、3連単2頭軸マルチながし。
2014年6月8日(日) / 東京 1600m 芝・左 / 小雨・不良
サラ系3歳以上 / (国際)(指定) / オープン / 定量
レース結果
着 枠 馬番 印  馬名               性齢 斤 騎手    着差   人気
1[5] 10  ◎  ジャスタウェイ   牡5 58 柴田善  1:36.8  1
2[6] 12      グランプリボス   牡6 58 三 浦  ハナ    16
3[6] 11  △  ショウナンマイティ 牡6 58 北村宏  3      10
4[5] 9  ☆  ダノンシャーク   牡6 58 内 田  クビ    9
5[8] 17  ▲  ワールドエース   牡5 58 ウィリ  クビ    3
6[3] 6     Bグロリアスデイズ  セ7 58 モレイ  1/2     13
7[8] 15      サダムパテック   牡6 58 田中勝  ハナ    17
8[7] 13  ○  フィエロ      牡5 58 岩 田  3/4     6
9[2] 3      カレンブラックヒル 牡5 58 秋 山  1.3/4   5
10[7] 14  ☆  クラレント     牡5 58 川 田  クビ    11
11[1] 1  △  グランデッツァ   牡5 58 石 橋  ハナ    4
12[3] 5  ☆  エキストラエンド  牡5 58 横山典  3/4     12
13[2] 4      リアルインパクト  牡6 58 戸 崎  1.3/4   14
14[8] 16      トーセンラー    牡6 58 武 豊  1.3/4   8
15[4] 7      ホエールキャプチャ 牝6 56 蛯 名  クビ    7
16[4] 8      ミッキーアイル   牡3 54 浜 中  1/2     2
17[1] 2     Bレッドスパーダ   牡8 58 四 位  6      15
  
払戻金 単勝 10 170円
    複勝 10 110円 / 12 2200円 / 11 600円
    枠連 5-6 2630円
    馬連 10-12 18730円 / 馬単 10-12 20330円
    3連複 10-11-12 91160円 / 3連単 10-12-11 373470円
    ワイド 10-12 5890円 / 10-11 1070円 / 11-12 25990円
  

感想と言い訳?!

 予想以上に悪くなった不良馬場で、不穏な空気が漂っていましたが、ジャスタウェイが面目保つ勝利。届かないかと思った直線でしたが、走りにくい馬場の中、ぐいぐいと力強く伸びてきました。これまでの切れる競馬とはまた異なる強さを感じる貫禄の競馬ぶりでした。

 僅差の争いとなってしまったのは、まさかのブービー人気、グランプリボスの激走。荒れるとしたら、こういう人気薄の実績馬かと思って、ショウナンマイティやダノンシャークあたりに手を伸ばしていましたが、さすがに休養明けの上、折り合い難を抱えるこの馬は買えませんでした。

 ワールドエースは5着とまぁまぁといっていいでしょうか。一方のフィエロは出遅れが響いたでしょうが、もう少し見せ場あると思ったんですけどねぇ。

2014/6/8 3歳以上オープン 定量 指定 国際
施行コース
  • 11R
    東京 C
  • 芝1600m
    外・左回り

  • 見込み
コース図
天気が下り坂で、馬場にどこまで影響するかが現時点ではまだわからぬ情勢。馬場悪化がなければ、さすがにここは後方からの外差しが見込める展開。しかし重馬場だとそれも反転する要素を含む。
馬柱
馬名 性齢 斤量 騎手
1 01 グランデッツァ 牡5 58.0 石橋脩
1 02   レッドスパーダ 牡8 58.0 四位
2 03   カレンブラックヒル 牡5 58.0 秋山
2 04   リアルインパクト 牡6 58.0 戸崎圭
3 05 エキストラエンド 牡5 58.0 横山典
3 06   グロリアスデイズ セ7 58.0 モレイラ
4 07   ホエールキャプチャ 牝6 56.0 蛯名
4 08   ミッキーアイル 牡3 54.0 浜中
5 09 ダノンシャーク 牡6 58.0 内田博
5 10 ジャスタウェイ 牡5 58.0 柴田善
6 11 ショウナンマイティ 牡6 58.0 北村宏
6 12   グランプリボス 牡6 58.0 三浦
7 13 フィエロ 牡5 58.0 岩田
7 14 クラレント 牡5 58.0 川田
8 15   サダムパテック 牡6 58.0 田中勝
8 16   トーセンラー 牡6 58.0 武豊
8 17 ワールドエース 牡5 58.0 ウィリア
*◎:本命 ○:対抗 ▲:単穴 △:穴 ☆:注意
は騎手乗り替わり
予想ペース
H
ハイ
同じ東京マイル戦でも、ペースが早いのが安田記念の特徴。若武者07の逃げも手伝い、流れは速い。
信頼度
C
連下混戦
一本かぶりの人気馬を中心に、取り巻き陣は秘めた実力馬、過去の実績馬と多士済々のメンバー。地力比較が困難で意外に難解。
予想本文 

~ 世界一の脚 ~
 ワールドエース?!も参戦しているが、世界ランク1位は、先のドバイDFで圧勝して見せたジャスタウェイ。胸を張っての凱旋レースではあるが、迎え撃つ面々もそうそうたるメンバー。新旧の実績馬、素質馬が揃って完全に無印にしていい馬が見つからないほど。好レースが期待できそう。

 主戦騎手の騎乗停止、海外帰り、天候による馬場渋化と決して楽観できる状況ではないが、やはりジャスタウェイの地力は一枚上か。昨秋の天皇賞でジェンティルドンナ相手に圧勝し、そこから完全に一皮剥けた感。ついにはドバイDFの舞台においても完全勝利をしてみせた。世界一という、かなり重い看板を背負わされたが、今の充実ぶりなら大丈夫だろう。

 敗れたとはいえ重賞挑戦を2着と好走し、勢いに乗るフィエロ。これだけのメンバー相手に重賞未勝利の上がり馬の身分で挑むわけだが、大舞台で信頼に足る鞍上を得ることで相殺。時計的には通用の下地はあるし、何より重馬場経験があることは心強い。

 ダービー1番人気に応えられず長期休養となったワールドエース。長期明け復帰戦こそ敗れたが前走マイラーズCで見事に復活。内容も素晴らしく、この舞台への期待感は一気にふくらんだ。大外枠は歓迎材料とはいえないが、それでも有力馬の一角の座は譲れない。

 昨年のこのレースの2着馬ショウナンマイティ。成績的には今ひとつ振るわないが、見限りは早計。マイル~中距離のレンジでは屈指の実力馬。成長力には疑問の残る血統ではあるが、調子も取り戻しつつある雰囲気を醸し出しており、怖い存在。

 ワールドエースと同様に、こちらも皐月賞の1番人気敗戦から復活に賭けるグランデッツァ。オープン戦とはいえ、休養明けを目の覚めるような勝ちっぷりを見せ、一躍有力馬候補に食い込んできた。激走の反動はなさそうで体調も良好。

 このメンバーでは目立たないもののエキストラエンドにも気を配っておきたい。毎日杯の大敗は気になるもの安定した競馬を続けており要警戒。

 ぶっつけになるが、ダノンシャークもマイル戦常連の実績馬。少し間隔は開いたが1戦叩いて臨戦態勢は整っている。

 クラレントはそれほど見劣りする地力差はないはずだが、今ひとつ勝ちきれていない分、このメンバーでは人気的には旨味。

馬券と総評
推奨馬券 総評
3連単
軸2頭マルチ:

10=13
→17,11,01,05,09,14
(36点)

10=17
→13,11,01,05,09,14
(36点)
中々悩ましいメンバー構成。ジャスタウェイの地力上位は十分認めつつも、やや怖さも残る。一方、他馬もどうにも比較の難しいメンバーが揃い、どの馬が勝ってもおかしくない状況。そういえば、3連単、3連複の控除率は悪くなったので、馬連勝負の方がいいのかもしれない。天候や馬体重など、当日要素にも左右はされるが、一応はジャスタウェイから、フィエロ、ワールドエースを相手に3連単 2頭軸マルチながし。
2013年6月2日(日) / 東京 1600m 芝・左 / 晴・良
サラ系3歳以上 / (国際)(指定) / オープン / 定量
レース結果
着 枠 馬番 印  馬名               性齢 斤 騎手    着差   人気
1[5] 10  ▲  ロードカナロア   牡5 58 岩 田  1:31.5  1
2[1] 2  ◎  ショウナンマイティ 牡5 58 浜 中  クビ    3
3[8] 16  △  ダノンシャーク   牡5 58 Cデム  3/4     12
4[4] 8  ×  マイネイサベル   牝5 56 松 岡  1.3/4   15
5[2] 3      サクラゴスペル   牡5 58 横山典  ハナ    16
6[6] 12  ○ Bダークシャドウ   牡6 58 戸 崎  ハナ    5
7[2] 4      ガルボ       牡6 58 石橋脩  クビ    14
8[7] 15      ヴィルシーナ    牝4 56 ウィリ  クビ    7
9[8] 17  ×  ダイワマッジョーレ 牡4 58 蛯 名  1.1/2   6
10[4] 7  △  グランプリボス   牡5 58 内 田  クビ    2
11[3] 6     Bグロリアスデイズ  セ6 58 ホワイ  ハナ    11
12[5] 9      ナカヤマナイト   牡5 58 柴田善  ハナ    10
13[8] 18      サダムパテック   牡5 58 武 豊  1      8
14[1] 1  ×  カレンブラックヒル 牡4 58 秋 山  ハナ    4
15[3] 5     Bスマイルジャック  牡8 58 田 辺  3/4     18
16[6] 11      ヘレンスピリット  セ6 58 モッセ  2      13
17[7] 14      エーシントップ   牡3 54 福永祐  クビ    9
18[7] 13      シルポート     牡8 58 酒 井  クビ    17
  
払戻金 単勝 10 400円
    複勝 10 200円 / 2 210円 / 16 680円
    枠連 1-5 730円
    馬連 2-10 1470円 / 馬単 10-2 2570円
    3連複 2-10-16 18160円 / 3連単 10-2-16 62800円
    ワイド 2-10 620円 / 10-16 3230円 / 2-16 3120円
  

感想と言い訳?!

 単勝4倍という割れた人気の中、1番人気ロードカナロアが混戦を制しました。
これまでマイラーがスプリントをこなす例はあっても、その逆は少し珍しいですね。
やはり、ロードカナロアは本来はマイラーだと考えてもよさそうですね。

 2着は本命ショウナンマイティ。出遅れた上に直線ではもたもたとして進路も塞がってしまう始末。一時はダメだとも覚悟しましたが、最後はよく伸びてくれました。

 3着は絶妙のタイミングで追い出したダノンシャーク。それにしても、この馬思ったより人気なかったんですね。ちょっと見くびられすぎです。

 個人的には穴候補だったマイネイサベルの好走がうれしかったですね。馬券的にもこちらが絡んだ方がステキだったんですけどね。w

2013/6/2 3歳以上オープン 定量 指定 国際
施行コース
  • 11R
    東京 C
  • 芝1600m
    左回り

  • 見込み
コース図

Cコース2週目。やはり外差しが強い印象。ただ、内がまったくダメというわけでもなく、雨の影響次第では、先行勢にも注意は必要。

馬柱
馬名 性齢 斤量 騎手
1 01 × カレンブラックヒル 牡4 58.0 秋山 真一郎
1 02 ショウナンマイティ 牡5 58.0 浜中 俊
2 03   サクラゴスペル 牡5 58.0 横山 典弘
2 04   ガルボ 牡6 58.0 石橋 脩
3 05   スマイルジャック 牡8 58.0 田辺 裕信
3 06   グロリアスデイズ セン6 58.0 D.ホワイト
4 07 グランプリボス 牡5 58.0 内田 博幸
4 08 × マイネイサベル 牝5 56.0 松岡 正海
5 09   ナカヤマナイト 牡5 58.0 柴田 善臣
5 10 ロードカナロア 牡5 58.0 岩田 康誠
6 11   ヘレンスピリット セン6 58.0 G.モッセ
6 12 ダークシャドウ 牡6 58.0 戸崎 圭太
7 13   シルポート 牡8 58.0 酒井 学
7 14   エーシントップ 牡3 54.0 福永 祐一
7 15   ヴィルシーナ 牝4 56.0 C.ウィリアムズ
8 16 ダノンシャーク 牡5 58.0 C.デムーロ
8 17 × ダイワマッジョーレ 牡4 58.0 蛯名 正義
8 18   サダムパテック 牡5 58.0 武 豊
*騎手の赤字は乗り替わり
予想ペース
HS
ハイスロー
逃げる13に、スプリンターが混じって、早い流れが想定される。
必然的に後方待機馬が、牙を剥ける展開となる。
信頼度
D
混戦
粒揃いのメンバーが揃い、良い意味での混戦模様。香港を主戦の外国馬も無視しづらく、視野は広める必要あり。
予想本文 

 スプリント王、ロードカナロアの参戦によって、今年の安田記念は、スプリンター、マイラー、中距離と、各々のカテゴリーのスペシャリストが揃った。東京マイル戦という、短距離戦ながらもある程度のスタミナが要求される舞台で、最終的に問われるのは、スピードか、スタミナか。今一度再認識することができるであろうメンバーが揃った。

 馬場次第の面もあるが、ショウナンマイティを本命とする。豪華メンバーだった大阪杯での2着はここでは威張れる成績。追い込み一手の脚質上、どうしても勝ち味に遅くなるが、これまでの中距離からマイル戦に舞台を移すことで、そのイメージも一掃できるかもしれない。速い流れの対応が可能であれば、当然、短距離の方が差し切れる機会は訪れやすくなるはす。32秒台の末脚を発揮することができるが、これらはスローの瞬発力勝負になった場合に限られており、今回のような速い流れで同様の切れ味が発揮できるかがポイントとなりそう。一方、左回りを懸念する声が聞こえるが、その点についてはおそらく問題ないように思える。

 対抗にも、本命馬と同型となる中距離差し馬タイプのダークシャドウを推したい。この馬も前走大阪杯から一叩き後、こちらに矛先を転じてきた。これまでのチークピーシーズから、ブリンカーに変更し、矯正強化。これが一概に吉と出るかはわからない点が怖いところだが、集中してレースをした場合のこの馬の爆発力は今更述べるまでもない。昨秋の古馬王道G1を常に上位好走してきた歴戦の実力馬。そろそろ高齢でもあり、この辺りでどうにかG1タイトルを得たいところ。

 一般的に、ある程度のスタミナが必要とされる東京1600m。ならば、真っ先に不要になるのがスプリンターだ。ただ、その筆頭ロードカナロアにはマイル戦での実績がほとんどない。その未知さこそ、マイルが軽くこなせるという可能性に繋がってくる。ここまでスプリント路線を選択してきたのは、どちらかというと気性的な問題の方が大きい。歳を重ねることで、今では随分落ち着くようになってきた。今ならこの距離でも十分なパフォーマンスを発揮できるではないだろうか。とにかく過去15戦、オール3着以内の足跡は大きい。ここで大敗する可能性も高いわけだが、極端に人気しているわけではないので、ならば買っておくべき馬だろう。

 現マイラー筆頭候補は、やはりグランプリボスといっていいだろう。昨秋のマイルCSではサダムパテックに敗れ、香港でも惨憺たる成績だったが、1600mまでの安定感には信頼がおける。特に香港大敗後の復帰戦となった前走マイラーズCで、きちんと勝利してみせた点がよりその信頼に拍車をかけた。やや人気しすぎる嫌いもあるが、ヴィルシーナを捨てた主戦騎手に戻る以上、ここではそう無様な競馬できないはず。

 マイルの差し馬としては理想的な条件を兼ね備えているダノンシャーク。前走では3着に敗れるも、休養明けに加え、その着差も半馬身差なら上々。上積み考慮すれば、ここでも差のない競馬は可能なはず。鞍上が鞍上でもあり、外すことのできない怖い一頭。

 中山金杯での5着が影響してか、今ひとつ地味に映るダイワマッジョーレの近走の充実振りには目を見張るものがある。この馬も安定した末脚を持っており、東京マイル戦では、いかにもレースがしやすそうなタイプ。小柄な馬だけに当日の馬体には注意が必要だが、万全なら侮れない。

 先行馬はいらないとはいうものの、カレンブラックヒルだけは、地力がモノを言う局面での前残りはありえる。ダート転向失敗に終わり、ややトーンダウンな現状だが、馬自体は好調をキープしており、最内枠を逆にうまく活かせば後続を寄せ付けない場面も作り出せる。

 穴っぽいところでマイネイサベル。牝馬では先のマイル女王ヴィルシーナがいるのだが、先行する同馬よりもこの馬の方に人気的にも魅力。前走の3着好走にはやはり父、東京専科テレグノシスの血を感じさせられた。同じ舞台設定なら、ここでも再度の突っ込みがあっても不思議ではない。

馬券と総評
推奨馬券 総評
3連単

軸2頭マルチ:

02=12
→10,07,16,17,01,08
(36点)
冒頭で、スプリンター、マイラー、中距離馬の戦いであることは述べたが、基本的に中距離馬の差し馬に分があるとみた。特に東京コースなら、専門である純マイラーよりもその優位性は高いとみる。実力伯仲の好メンバーだけに絞り込むことはなかなか難しいが、ショウナンマイティとダークシャドウの2頭軸マルチでヒモを手広く挑みたい。印を打った馬以外にも、牝馬や外国馬など、気になる存在が多々あり、全流しくらいまで想定してもいいかもしれない。
また、脚質的にここ数年は速い時計での決着が続いており、今年も同様の様相。となれば、やはり先行勢はかなり苦しいと言わざるを得ない。それゆえ、ヒモの選択においては先行馬より差し馬を優先したいところだ。
2012年6月3日(日) / 東京 1600m 芝・左 / 曇・良
サラ系3歳以上 / (国際)(指定) / オープン / 定量
レース結果
着 枠 馬番 印 馬名               性齢 斤 騎手    着差   人気
1[2] 4  ▲ ストロングリターン 牡6 58 福 永  1:31.3  2
2[2] 3     グランプリボス   牡4 58 内 田  クビ    13
3[4] 8  ○ コスモセンサー   牡5 58 松 岡  2      15
4[1] 1     ダノンヨーヨー   牡6 58 北村友  1/2     17
5[1] 2  ◎ ガルボ       牡5 58 石橋脩  クビ    5
6[7] 15     リアルインパクト  牡4 58 岩 田  3/4     12
7[5] 9     フィフスペトル   牡6 58 横山典  クビ    16
8[3] 6     スマイルジャック  牡7 58 丸 山  ハナ    18
9[4] 7  × サダムパテック   牡4 58 ウィリ  クビ    1
10[6] 12     ドナウブルー    牝4 56 川 田  1/2     14
11[3] 5  △ ラッキーナイン   セ5 58 プレブ  クビ    7
12[7] 13     シルポート     牡7 58 小 牧  クビ    6
13[8] 16     ローズキングダム  牡5 58 武 豊  アタマ  9
14[7] 14  △ グロリアスデイズ  セ5 58 ホワイ  1.1/4   3
15[6] 11  × エイシンアポロン  牡5 58 池 添  1.1/4   10
16[5] 10     アパパネ      牝5 56 蛯 名  クビ    4
17[8] 17  × マルセリーナ    牝4 56 田 辺  3      11
18[8] 18     ペルーサ      牡5 58 安 藤  1.1/2   8
  
払戻金 単勝 4 670円
    複勝 4 250円 / 3 730円 / 8 870円
    枠連 2-2 8630円
    馬連 3-4 8510円 / 馬単 4-3 13920円
    3連複 3-4-8 92530円 / 3連単 4-3-8 468600円
    ワイド 3-4 2670円 / 4-8 3150円 / 3-8 9700円
  

感想と言い訳?!

 ガルボかストロングリターンの本命には迷ったのですが、負けてる時はこんなもんです。
欲をかいてガルボを本命にし、馬券も推奨と同じく、ガルボからストロングリターンとコスモセンサーで2頭軸マルチで流しました。購入時に、もし縦目のストロングリターンとコスモセンサーで来たらやだなぁ・・・とちょっとだけ嫌な予感をしていたら、案の定、「ぎゃぁあ」と叫ぶハメになってしまいました。(笑)
グランプリボスも押さえてただけに、46万馬券の取り逃しはさすがにちょっと堪えましたよ。

 レースとしては、少しはペースも落ちるとか思っていましたが、やはり相当のハイペースで進みました。こうなれば、さすがに差し馬が届いてくる展開となり、ストロングリターンが持ち味を十分に発揮して勝利しました。グランプリボス、ダノンヨーヨーの差し込みもその影響が大きかったでしょう。そういう意味では、マルセリーナやペルーサはもっと上位に来てもよかったんですが、さっぱりでしたね・・・。

 一方、そういう速い流れの中でも先行して粘ったコスモセンサーやガルボはやはり力があるなぁと再認識しました。

2012/6/3 3歳以上オープン 定量 指定 国際
施行コース
  • 11R
    東京 C
  • 芝1600m
    左回り

  • 見込み
コース図
外差しが決まらない今の東京コース。今回はペースもはやく、そろそろ・・・という感もないが、それでも直線一気は難しそう。
馬柱
馬名 性齢 斤量 騎手
1 01   ダノンヨーヨー 牡6 58.0 北村 友一
1 02 ガルボ 牡5 58.0 石橋 脩
2 03   グランプリボス 牡4 58.0 内田 博幸
2 04 ストロングリターン 牡6 58.0 福永 祐一
3 05 ラッキーナイン セン5 58.0 プレブル
3 06   スマイルジャック 牡7 58.0 丸山 元気
4 07 × サダムパテック 牡4 58.0 ウィリアムズ
4 08 コスモセンサー 牡5 58.0 松岡 正海
5 09   フィフスペトル 牡6 58.0 横山 典弘
5 10   アパパネ 牝5 56.0 蛯名 正義
6 11 × エイシンアポロン 牡5 58.0 池添 謙一
6 12   ドナウブルー 牝4 56.0 川田 将雅
7 13   シルポート 牡7 58.0 小牧 太
7 14 グロリアスデイズ セン5 58.0 ホワイト
7 15   リアルインパクト 牡4 58.0 岩田 康誠
8 16   ローズキングダム 牡5 58.0 武 豊
8 17 × マルセリーナ 牝4 56.0 田辺 裕信
8 18   ペルーサ 牡5 58.0 安藤 勝己
*騎手の赤字は乗り替わり
予想ペース
Hs
ハイスロー
13の出方次第とはいえ、極端なハイペースまではなさそう。 例年並のハイペースか。
信頼度
D
混戦
ペース予想すら困難な混戦模様。新興勢力の台頭、実績馬の復活、いずれの可能性も入り乱れる。
予想本文 

 1番人気がどの馬になるかはわからないが、おそらく7~8倍台の単勝オッズで、他も10~20倍台で並ぶ横一線のメンバー構成。これまでの実績馬が振るわない中、これといった新星台頭もないため、混沌の大混戦となった今年の安田記念。
言葉は悪いが頭数だけは賑やかで、当てるのは至難の業。
大波乱は期待できないものの、的中さえすれば中波乱は必至の馬券的には面白いレース。

 さすがに本命は頭を抱えたが、現状の調子の良さを買ってのガルボで行く。実績的にもう一つであることは否めないが、調子と勢いは申し分ない。先行馬であることに加え、なにより内枠を引いたことは大きい。早い時計の裏付けもあり、G1クラスで通用する下地はあるはず。
前走は辛勝ではあったが、トップハンデを背負って堂々たる競馬っぷりで、それなりの風格も伴ってきた。いくつかのポカもあるが、1400m戦でのもので、マイルでの近走の安定ぶりに信頼を置きたい。

 コスモセンサーを対抗格に抜擢。今回のメンバーでは最多を占めるマイラーズC組。やはりここでの成績はある信頼してもよさそう。実際にレースを勝利したのはシルポートな訳だが、いくら先行有利とはいえ、東京マイル戦を逃げ切ることはできないとみる。ならば、内枠を引き、2番手を楽に追走できる同馬の目があるはず。ここ5戦ずっとマイル戦を経験し、安定感も抜群。東京コース未勝利が気になるが、致命的な欠点ともいえない。人気も薄く、今の前が残る東京コースなら一つ狙ってみたい。

 かなりの人気馬であるため、少し評価を下げたが、ストロングリターンの実績と安定感もこれだけの混戦となるとすがりたくなる。なんといっても昨年のこのレースの2着馬で、人馬ともマイル戦での信頼感はかなり高い。骨折後の復帰戦では2番人気には応えられなかったが、4着の内容は上々の結果。33.2の上がりも繰り出し、骨折後も従来の切れ味健在をアピール。ただ、後からの競馬をする馬はことごとく報われないのが今の状況であるため、末脚不発の懸念はないが、届かないという可能性はどうしても残ってしまう。

 今回香港からは2頭が参戦。しかし、これもまた実績がほぼ同じ程度ときている。
今回のメンバーなら2頭とも警戒対象だが、ラッキーナインを一応上位評価とする。実績からはどうみてもスプリンターで、中距離適性の要求される府中のマイルは厳しい面もあるが、海外参戦馬は人気薄を狙うべきという視点では、こちらだろうし、日本での実績がある点はかなり心強く、確実に自分の競馬はできる点で信頼は高い。内枠をうまく利せれば、距離の不安も相殺できるのではないかと思える。

 ほぼ同等実績のグロリアスデイズももちろん要警戒。マイル実績という点では、むしろラッキーナインよりも信頼は高い。過去8戦オール連対という堅実味は素晴らしい実績。軒並み不調の日本の実績馬を尻目に頭までありえる可能性を秘めている。ただ、なんといっても初の海外遠征。日本の馬場への適性も含め、完全に未知数であるため、過信は禁物。

 ヴィクトリアマイル組は牝馬だからというよりも、各馬のピークが前走にあるという点でやはり割引きとなるが、その中でもマルセリーナは評価したい。前走ではメンバー中、最速の上がりを繰り出し、マイル戦ではさすがの実力を示した。前が残る東京コースであの内容はかなり評価していい。今度は一転大外枠になるが、ここは引き続き警戒したい。

 大変身とまでいくかとなると疑問も残るが、エイシンアポロンの変わり身にも注意。前走はあんまりな大敗を喫したが、その分、度外視要素もある。馬体重が余裕残しであったため、ここで絞れてくれば、実績的にも怖い存在。また、この馬以外にも不調の実績馬は多いのだが、どの馬もどうもこれといった強調材料に乏しい。ガラッと変わってこれそうなのはこの馬くらいでは・・・という若干、後ろ向きな理由でもあることは否めない。

 サダムパテックは前走だけであまりに人気しすぎの感。本来ならばっさり切り捨てたいところだが、引き続きウィリアムズ騎手が手綱をとるとなると、やはり押さえないわけにはいかない。前走は後すぎず、前すぎずの絶好位から、鮮やかな末脚での復活劇。もともとは世代を代表する馬で地力的にはかなりの上位。1400mの前走より今回の方が競馬はしやすいはず。人気もここまで割れていれば、極端に避ける理由もなく、ここはヒモに一考。

馬券と総評
推奨馬券 総評
3連単

軸2頭マルチ:

02=08
→04,05,14,17,11,07
(36点)

02=04
→08,05,14,17,11,07
(36点)
今回は絞り込む事はほぼ不可能といっていい横一線。ならば、やはりアパパネやサダムパテックといった人気馬は敬遠したくなる。
外国馬も過信したくはないのだが、このメンバーだと、必然的に上位評価になってしまう。ただ、不安材料も高く、軸馬候補としては難しい。そのような情勢での中、やや押し出され気味であることは否めないがガルボを軸筆頭に据える。
対抗格も難しいが、攻めのコスモセンサー、守りのストロングリターンと、ガルボからそれぞれ相手を変えた2頭軸マルチながしで勝負したい。
ヒモは相当手広く行かねばならないが、的中できればリターンで十分ペイできるだろう。
2011年6月5日(日) / 東京 1600m 芝・左 / 曇・良
サラ系3歳以上 / (国際)(指定) / オープン / 定量
レース結果
着 枠 馬番 印 馬名               性齢 斤 騎手    着差   人気
1[7] 14     リアルインパクト  牡3 54 戸 崎  1:32.0  9
2[1] 1  ○ ストロングリターン 牡5 58 石橋脩  クビ    5
3[2] 3  △ スマイルジャック  牡6 58 三 浦  1/2     3
4[2] 4     クレバートウショウ 牡5 58 武 豊  クビ    8
5[8] 16  X ジョーカプチーノ  牡5 58 福 永  ハナ    6
6[4] 8  ▲ アパパネ      牝4 56 蛯 名  3/4     1
7[5] 10  △ リディル      牡4 58 中 舘  1/2     12
8[1] 2     シルポート     牡6 58 小 牧  3/4     4
9[5] 9     ビューティーフラッ セ6 58 マーウ  1/2     7
10[7] 13  ◎ ダノンヨーヨー   牡5 58 ウィリ  アタマ  2
11[3] 6     サムザップ     セ7 58 プレブ  1.1/4   13
12[8] 17  X エーシンフォワード 牡6 58 岩 田  1.3/4   10
13[3] 5     サンカルロ     牡5 58 横山典  1/2     11
14[4] 7     シルクアーネスト  牡4 58 池 添  ハナ    15
15[7] 15     ビービーガルダン  牡7 58 佐 藤  クビ    17
16[6] 11     コスモセンサー   牡4 58 松 岡  1.1/4   18
17[8] 18     リーチザクラウン  牡5 58 北村宏  ハナ    14
18[6] 12     ライブコンサート  セ7 58 藤 田  3      16
  
払戻金 単勝 14 2930円
    複勝 14 710円 / 1 420円 / 3 340円
    枠連 1-7 1090円
    馬連 1-14 12270円 / 馬単 14-1 25810円
    3連複 1-3-14 44090円 / 3連単 14-1-3 335600円
    ワイド 1-14 2980円 / 3-14 3750円 / 1-3 1580円
  

感想と言い訳?!

 まさかの3歳馬の勝利。
しかも、G1ホースでもないリアルインパクトがすんなり抜け出して見事な勝利を収めました。
アパパネが敗れたことも、ダノンヨーヨーが出遅れたことも、ある程度想定してましたが、さすがにリアルインパクトの勝利にはビックリしました。
でも、単勝9番人気なんですから、それなりに人気もあったんですねぇ。
確かにそれほど強力なメンバーではなかったにしろ、軽量が活きたのでしょうか。不良馬場の影響も考えられますね。

 ストロングリターンやスマイルジャックはさすがのところを見せてくれましたが、出遅れたとはいえ、ダノンヨーヨーはちょっと負けすぎの感もあります。
どちらにせよ、ぐぅの音も出ない完敗でした。参りました。

2011/6/5 3歳以上オープン 定量 指定 国際
施行コース
  • 11R
    東京 C
  • 芝1600m
    左回り

  • 見込み
コース図
そろそろ痛みも目立ってきた東京競馬場。Cコースとはいえ、もはや内が有利とは言えないだろう。
馬柱
馬名 性齢 斤量 騎手
1 01 ストロングリターン 牡5 58.0 石橋 脩
1 02   シルポート 牡6 58.0 小牧 太
2 03 スマイルジャック 牡6 58.0 三浦 皇成
2 04   クレバートウショウ 牡5 58.0 武 豊
3 05   サンカルロ 牡5 58.0 横山 典弘
3 06   サムザップ セン7 58.0 プレブル
4 07   シルクアーネスト 牡4 58.0 池添 謙一
4 08 アパパネ 牝4 56.0 蛯名 正義
5 09   ビューティー
フラッシュ
セン6 58.0 マーウィング
5 10 リディル 牡4 58.0 中舘 英二
6 11   コスモセンサー 牡4 58.0 松岡 正海
6 12   ライブコンサート セン7 58.0 藤田 伸二
7 13 ダノンヨーヨー 牡5 58.0 ウィリアムズ
7 14   リアルインパクト 牡3 54.0 戸崎 圭太
7 15   ビービーガルダン 牡7 58.0 佐藤 哲三
8 16 ジョーカプチーノ 牡5 58.0 福永 祐一
8 17 エーシンフォワード 牡6 58.0 岩田 康誠
8 18   リーチザクラウン 牡5 58.0 北村 宏司
*騎手の赤字は乗り替わり
予想ペース
MS
ミドルスロー
G1レース特有のそれなりに速い流れではあるが、極端に速い流れにもならない。逃げ切りも、最後方から直線一気も困難となるはず。
信頼度
D
ヒモ穴注意
過去3連単では10万馬券も何度も起きている。本命馬信頼もヒモ荒れ警戒は必要。
予想本文 

 東京コースといえば、広い馬場、長い直線でマギレが生じにくく、実力通りに反映しやすいコース。にも関わらず、昔からこのレースは何故か荒れる。近年はそうでもないようにも映るが、それでも1番人気馬の成績は芳しくなく、一筋縄には行かないレース。
今年も粒揃いのメンバーが揃ったが抜けた馬がいるようにも見えず、どう転ぶか予測は難しい。

 ほぼ間違いなく33秒台の末脚を繰り出すダノンヨーヨー
過去複勝圏内を外したのは2度。その内、前々走の東京新聞杯では7着と大敗したが、その差は1馬身ちょっとでダンゴ状態での混戦でのこと。確かにレースぶりを見る限り、もう少しキレが欲しいようにも思えるが、その実の時計は限界近いものが出ている。つまり、前が止まらず届かない展開が続いているだけで、G1であるこのレースでは流れが遅くなるということもない。加えて東京コースということなら、自信持って本命に据えられる。
さらに、もし2番人気以下ということになるなら、1番人気はこのレースに相性がよくないデータが後押しする。強力な鞍上も得て、今回はすっきりとした快勝を期待したい。

 ストロングリターンの前走は強烈な印象を残した。どうみても前残りの展開の中、33秒1という上がりでゴール前強襲してきた。当該距離成績は3,2,2,1で、東京コースも4,2,1,2。ほとんど完璧に近い実績を残す。確かにここはグッと相手強化されるが、今の勢いなら楽しみの方が多い。
後は最内枠をどう捌くかがポイントで、不利・有利、どちらにも大きく傾く可能性がある。

 アパパネの前走は、ブエナビスタを破っての勝利なのだから、その価値は決して牝馬限定のものと侮れない。今回は牡馬の一線級が相手だが、気後れすることは全くない。
ただ、どちらかといえばこの馬的には前走がピークだったはず。
4着に敗れたマイラーズCより、状態はいいことは認めるが、中2週のローテでここまでの人気を背負ってしまうと少し躊躇してしまう。無論、ウォッカのごとく破竹の連勝もないわけではなく、また大きく崩れるとも思えないので連軸候補としてはよいかもしれない。

 昨年このレースでコンマ1秒差だったスマイルジャックは、やはり東京マイル戦となると主力級の怖い存在。前走のマイラーズCではもっとやれるかと期待されたが、いかんせん最後方からのレースでは厳しかった。それでも自身の上がりは33秒フラットでさすがの片鱗は見せている。
鞍上ともどもそろそろG1勝利があっても…という期待は高まる。

 今回、最も穴で期待したいのがリディル。小柄な馬でマイラーという体型には見えないが、故障明け後も古馬オープンクラスで安定した成績。重賞の大阪杯で大敗してしまっただけに強気になれない面もあるが、マイル戦に限ればすべて連対している。
相手強化は承知の上で、未知の可能性の方に賭けてみたい。
何より裏開催中心の鞍上としては、久しぶりに表舞台で脚光を浴びる最大のチャンス。
その想いは並々ならぬものがあるはずで、ここは強気に勝負したい。

 昨年のマイルCS馬、エーシンフォワード。当時も前走大敗で人気薄だったところを一変しての勝利。ここも前走では敗戦してはいるが、マイルに戻って不気味さが漂う。
昨年のこのレースでは大敗している点は気に掛かるが、逃げ潰れてのものだっただけにその結果もそれほど気にしなくてもよいだろう。

 スプリンターとしてその地位を築いたジョーカプチーノだが、NHKマイルC覇者であることを忘れてはならない。久しぶりとはいえ、折り合いに成長がみられる今なら、マイル戦でも…の怖さが残る。

馬券と総評
推奨馬券 総評
3連単

1着ながし:

13
→01,08,03,10,17,16
(30点)

2着ながし:
13
→01,08,03,10,17,16
(30点)
正直今回はメンバー的にも予想は難しい。特におそらく1番人気たるアパパネの選択だった。素直にいくならダノンヨーヨーとアパパネの2頭軸マルチで手広く行くことも考えたが、そんな普通に収まるだろうか?とい疑念を消すには至らなかった。
ここは最も自信の持てるダノンヨーヨーを軸とし、この1頭軸で勝負したい。
やや、点数は広がるが、ダノンヨーヨーの1着ながしを本線。押さえで2着ながし。
ただ、そのためには点数も絞る必要があり、海外参戦馬2頭については見送りたい。
2010年6月6日(日) / 東京 1600m 芝・左 / 晴・良
サラ系3歳以上 / (国際)(指定) / オープン / 定量
レース結果
着 枠 馬番 印 馬名                   性齢 斤 騎手   着差   人気
1[8] 17  X ショウワモダン     牡6 58 後 藤 1:31.7  8
2[5] 9     スーパーホーネット   牡7 58 藤岡佑 1/2     6
3[1] 2  ◎ スマイルジャック    牡5 58 三 浦 アタマ  5
4[7] 15  ▲ トライアンフマーチ   牡4 58 内 田 1/2     2
5[3] 5     サイトウィナー     セ7 58 ウィリ アタマ  15
6[3] 6  △ ファリダット      牡5 58 蛯 名 クビ    10
7[4] 8  ○ キャプテントゥーレ   牡5 58 横山典 クビ    3
8[7] 14     マルカフェニックス   牡6 58 福 永 3/4     11
9[2] 4     フェローシップ     セ8 58 パート 2.1/2   7
10[8] 18  △ エーシンフォワード   牡5 58 岩 田 クビ    9
11[5] 10  X ビューティーフラッシュ セ5 58 コーツ ハナ    4
12[2] 3     アブソリュート     牡6 58 田中勝 1/2     13
13[8] 16     サンカルロ       牡4 58 吉田豊 1/2     14
14[1] 1  X リーチザクラウン    牡4 58 安藤勝 アタマ  1
15[6] 12     ライブコンサート    セ6 58 和 田 1.3/4   18
16[4] 7     グロリアスノア     牡4 58 小林慎 クビ    17
17[6] 11     マルカシェンク     牡7 58 柴 山 1.1/4   16
18[7] 13     マイネルファルケ    牡5 58 松 岡 1.1/2   12
  
払戻金 単勝 17 1390円
    複勝 17 470円 / 9 490円 / 2 360円
    枠連 5-8 2200円
    馬連 9-17 12640円 / 馬単 17-9 26640円
    3連複 2-9-17 53850円 / 3連単 17-9-2 348740円
    ワイド 9-17 4270円 / 2-17 2920円 / 2-9 2670円
  

感想と言い訳?!

 概ね予想通り、先行勢が総崩れでマイラーズCとは全く逆の展開。
差し馬が上位を占める中、勝利したのはショウワモダンでした。
関東は横山典や、蝦名だけじゃないと言わんばかりの久しぶりのG1勝利。
よいコース取りで、馬の力を100%活かした競馬でした。

 期待したスマイルジャックも荒れた内から、よく突っ込みましたが3着どまり。
5番人気を本命に据え3着なのだから、まぁ上出来とはいえるのですが。。。
馬券がとれなかった原因はスーパーホーネット。
過去の私の予想を見てる方はわかると思いますが、この馬にはいつも印をつけてきました。
たが、最近の体たらくに加え、とにかくあまりにも安田記念では惨敗つづきなので、とてもじゃないが買えませんでした。ほんとによくわかんない馬ですねぇ。

2010/6/6 3歳以上オープン 定量 指定 国際
施行コース
  • 11R
    東京
  • 芝1600m
    左回り

  • 見込み
コース図
外差しが決まるようになってきた。内枠の優位性もほぼなくなってきたといえそう。
馬柱
馬名 性齢 斤量 騎手
1 01 × リーチザクラウン 牡4 58.0 安藤 勝己
1 02 スマイルジャック 牡5 58.0 三浦 皇成
2 03   アブソリュート 牡6 58.0 田中 勝春
2 04   フェローシップ セン8 58.0 Z.パート
3 05   サイトウィナー セン7 58.0 C.ウィリ
3 06 ファリダット 牡5 58.0 蛯名 正義
4 07   グロリアスノア 牡4 58.0 小林 慎一郎
4 08 キャプテントゥーレ 牡5 58.0 横山 典弘
5 09   スーパーホーネット 牡7 58.0 藤岡 佑介
5 10 × ビューティー
フラッシュ
セン5 58.0 F.コーツ
6 11   マルカシェンク 牡7 58.0 柴山 雄一
6 12   ライブコンサート セン6 58.0 和田 竜二
7 13   マイネルファルケ 牡5 58.0 松岡 正海
7 14   マルカフェニックス 牡6 58.0 福永 祐一
7 15 トライアンフマーチ 牡4 58.0 内田 博幸
8 16   サンカルロ 牡4 58.0 吉田 豊
8 17 × ショウワモダン 牡6 58.0 後藤 浩輝
8 18 エーシンフォワード 牡5 58.0 岩田 康誠
*騎手の赤字は乗り替わり
予想ペース
M
ミドル
逃げ馬が少ないが、有力馬には先行馬揃い。
極端に早くも遅くもなる可能性がある。外国馬の動向も含め、展開判断は微妙。
信頼度
D
混戦
外国馬の参戦もあり、絶対軸も不在。人気どころだけで決着というのは想像しにくい。
予想本文 

 グレードⅠの格付け取得もあって、実はここまでのG1戦で国際レースはかなりあった。
しかし、海外馬の参戦はなく、アジアマイルチャレンジ最終戦であるこの安田記念でようやく香港勢が揃い、華が増えた。
にも関わらず、今度は日本勢がやや寂しいメンバー。
やはりウォッカの存在は大きく、マイル戦線は今後再び王者無き争いと化すかもしれない。

 今回のメンバーの主力級が揃ったトライアルのマイラーズC。
私はこのレースで先行馬の出番なしとみて、差し・追い込み馬中心で馬券を買った。
しかし、レースは典型的なスローペースに陥り、見事に先行馬にやられてしまった。
その時の1番人気馬はスマイルジャック
前々走、六甲Sの目の覚めるような復活劇を受けてのものだったが結果は5着。
だが、スローで前が止まらない中でみせたその差し脚は、六甲Sのレースぶりが気まぐれのものではないことを感じた。
東京に替わって、ペースも前走よりは必ず上がるはず。
ならば、人気となっているリーチザクラウンやキャプテントゥーレなどの当時の上位入線馬より、こちらの方が俄然旨味は増す。

 今回も逃げ・先行は避けたいと思っているが、この馬だけは外せないのがキャプテントゥーレ
前走では相当の不利を受けながら、しっかりと差し脚を伸ばし、馬群を割っての3着は相当な価値。
鞍上の手替わりには必要性を感じなかったが、今乗っている騎手に替わることも決して損ではあるまい。
スキーパラダイスにトニービンの仔、エアトゥーレにアグネスタキオン。
姉にアルティマトゥーレという良血に裏打ちされた勝負根性は並ではない。
とにかく、マイル~2000mで、先行しての粘りは相当なもの。
今の東京コースでも十分に期待できそう。

 母キョウエイマーチは先行馬だったが、その父ダンシングブレーヴの特徴を引き継いだのか、どちらかというと追い込み一手のトライアンフマーチ
その脚質ゆえ印を少し下げたとはいえ、追い込み馬ながらマイルでの安定感はなかなのもの。
前々走のダービー卿CTでは大敗だったが、あれだけスローペースなら仕方のない敗戦だったたかもしれない。
先行残る東京コースもようやく外差しが届くようになってきた。
もちろん場合によっては、マイラーズC並みのスローペースもありえるケースだが、それよりさらに遅くなることはまずないだろう。
ならば、あの不向きな流れでも、内の好位から2着をとったこの馬の注目は大きい。

 母はビリーヴ。それゆえスプリントホースの印象が強いが、母より距離はこなせそうなファリダット
なんといっても、昨年のこのレースでウォッカ、ディープスカイの3着だった点は大きい。
昨年より明らかに弱体化したこのメンバーなら、当然主力圏内。
ここのところは調子も今ひとつだが、展開に恵まれていないのは確か。
距離延長の不安点よりも、展開、ペース、コースという条件のプラス面の方が大きいと見る。

 大外枠は気になったが、エーシンフォワードもオッズ以上に怖い存在。
最近は1200~1400m戦が多かったが、マイルは守備範囲。
展開に左右されず、決して大崩れしない真面目さはこういう混戦メンバーでは怖い。
3着圏内を考慮した際、外しにくい存在。

 今回最大のポイントが、1番人気リーチザクラウンの取捨。
前走の勝利で一気にマイル戦線の主役に躍り出た。
元々、その気性からマイル向きと言われていたところでの復活劇なので当然だろう。
確かに持っている力はここでは抜けてはいるのだが、まだ信じて良いものか判断に迷う面がある。
この馬が力がありながら未だG1がとれないのは、折り合いのつかない幼さゆえなのだが、もっと突っ込めばそれゆえの先行脚質にある。
つまりスローペースで好走する典型的なトライアルホースの懸念があるということ。
ここは押さえに留め、もしここを勝利するようなら、以降マイルでは信頼できる馬と認めて良いだろう。
その場合の理想は、ダイワメジャー、ダイワスカーレット兄妹がイメージしやすい。

 ショウワモダンはこのレースメンバーとの対戦が少ないので、実力差が不明。
さすがにG1だと実績的に見劣りするが、ここ2戦の内容はなかなか秀逸で、そう捨てたものではない。
たた、現時点の単勝4番人気というのはさすがに見込まれすぎであると思うが、ヒモ候補には加えておきたい一頭。

 香港勢の外国馬からは、ビューティフラッシュを選択する。
今年の日本メンバーはレベルが低いというのが、大勢の見方。
それだけに外国馬へ票が流れるため、逆にあまり積極的に買いたくない。
実績断然は無論フェローシップだが、どうも遠征競馬に対応できるか不安が残る。
サイトウィナーも力不足の感が否めず、消去法的ではあるが、陣営の強気も手伝った。
やや最近成績を落としているが、それでもマイルでの安定感は素晴らしい。

馬券と総評
推奨馬券 総評
3連単

軸2頭マルチ:

02=08
→15,06,18,01,17,10
(36点)
 本来、安田記念は荒れるレース。
とはいえ、1番人気の勝率は悪い訳ではないので、リーチザクラウンの取捨が非常に迷うところ。
現時点の単勝4倍をどうとるかがポイント。
無論、あっさり圧勝の可能性は十分高いことは承知の上で、今回はどちらかというと見送り。
ただ、3連単ヒモ候補としては残しておく。

 本来、当てに行くなら、◎~△までのBOXも欲しいところだが、今回は馬券はかなり困難で、深入りはお勧めしない。
スマイルジャックとキャプテントゥーレの2頭軸マルチ程度押さえておき、後は見守るくらいで構えてはどうか。

このページの上部へ

Profile

bakusuinobitaです。
一応、「小心無用」がポータルページになっております。

About

中央競馬のG1レースのみを限定して適当な予想を書いております。

2010年より、本ブログスタイルに移行しましたが、それ以前のものは「PakaPakaParadise」においてあります。
もっと前のは公開してません。もう色々めんどくさくてあきらめました。

後、定番のご注意ですが、適当にやってる以上、色々間違いはきっとあるので、馬券購入の際などは主催者側の発表にてご確認下さい。

サイト内検索

地方競馬購入(楽天競馬)

データ分析(KLAN)

Adsence